自由詩 朝の陽ざしから音弾み

自由詩
自由詩

滝川寛之の自由詩

*

 

朝の陽ざしから音弾み

喧騒もまた微睡で

明日の虹と

今しがたの刻

君が奏でた恋唄が

私の心に届き

二人の未来は一つになる

愛とは頑なに生きて

離れることが無く

やがて訪れる光と共に

私と君だけの世界は広がる

恋に生きて

愛に支えあい

結ばれた運命とは

永遠の誓いとなる

無料連載カテゴリ

小説 愛するということ

小説 運タマギルー

自由詩 詩情

随筆 エッセイ

小説群

詩集群

ネットオフ「タダ本」

お勧めのカテゴリ一覧

すべての花嫁に花束を:銀座ダイヤモンドシライシ




コメントする