占い相談 占い料金が高いと思うのですが

占い相談、占い悩み、占い鑑定
占い相談、占い悩み、占い鑑定

占い料金が高いと思うのですが

最近頂いた質問です

そうですね

大手の会社と比べると

確かにそうです

しかし

個人運営で営んでいる

占い師というのは

皆さん高いです

何故なら

大手と比べて

あまり集客が見込めないから

しかし

私のブログは

アクセス数が伸びてきていますし

大手同様に

格安にしても大丈夫ですよ

そして

本日、料金改訂しておきましたからね

大丈夫ですよ

因みに

投資系の占いも改訂しております

しかし

今回が最初で最後の改訂ですので

これ以上下がることを期待しないでくださいね

また

値上げしたりだとか

元に戻したりだとか

ありませんので

ご安心くださいませ

占い鑑定 お客様の声 占いブロマガ

限定日記 著書一覧 投資日記

小顔

護符

おみやげ 沖縄の陶器やちむんセット

おみやげ、特産品、産地の品、県産品
おみやげ、特産品、産地の品、県産品

沖縄の陶器

やちむんのセットがあったら

良いなと思って

探してみたら

お洒落なのが見つかったので

紹介しておきますね

沖縄のやちむんは

世界的に人気なのですが

この商品も

デザインが

ものすごくいいです

アペックスハート 保存容器 レンジパック セット 4点 沖縄テイスト やちむん カフー ギフト プレゼント KF-1450
アペックスハート 保存容器 レンジパック セット 4点 沖縄テイスト やちむん カフー ギフト プレゼント KF-1450
アペックスハート(Apex Heart)



占い鑑定 お客様の声 占いブロマガ

限定日記 著書一覧 投資日記

小顔

護符

自己啓発 愛することをやめないで

自己啓発、激励、助言
自己啓発、激励、助言

個人単体での

愛するということをやめる

というのは構わないのですが

そのときは

また新しい人を

とことん愛してあげてください

動物に関しては

生涯大切に愛してください

ペットはあなただけが頼りなのですから

植物に関してもそう

愛しましょう

愛おしく感じましょう

愛するということも

一日一善の内です

仲間を愛することでもいい

世の中は

愛がすべてです

愛のためにお金を稼いでいるんです

核心的なことは愛なんです

愛を大事にしましょうね

占い鑑定 お客様の声 占いブロマガ

限定日記 著書一覧 投資日記

小顔

護符

愛するということ 1

連載小説、無料小説、名作集
連載小説、無料小説、名作集

– I sey love –

『愛するということ』

著者 滝川寛之

 

 

人は誰しも悪に出会う。

それは彼方此方に散らばっていて、

あたかも生活の中に必要だと言わんばかりに当然と存在する。

人は誰もが悪になる時がある。

様々な欲望と欲求が支配したこの世界で生きる僕らは、

それを避けては通れない事なのかも知れない。

人は誰も悪にやられてしまう事がある。

それは一体何時だろうか?

毎日一時一時を怖く恐れて生きなければならない。

 

僕は思った。

人は果たして変われるだろうか?

そして人は夢を見る。どうかチャンスを与えて下さいと。

 

あなたは人が倒れようとしている時、優しくなれるだろうか?

それが例え人ではなく他の生き物だとしたらどうだろう?

 

僕は願った。

あなたは変われますか?

ほら、よく見てごらんよ。愛は捨てたもんじゃない。

 

神は言った。

失うときほど大切だと気付くことはない。

 

あなたは本当に思っていますか?

あなたは本当に抱いていますか?

本当のあなたは何処に行ってしまったのだろうか?

探す勇気を失ってしまったのか?

それは自分にしか分からないこと。

だから大切に生きて下さい。

そして感じて下さい。

あなたは全てに生かされているのだから。

 

拾い上げてみよう。

そうすれば、あなたもきっと優しくなれるはず。

 

愛すると言う事 プロローグ

 

ここにひとりの人があって、神からつかわされていた。この人はあかしのためにきた。光についてあかしをし、彼によってすべての人が信じるためである。彼は光ではなく、ただ、光についてあかしをするためにきたのである。すべての人を照らすまことの光があって、世にきた。

彼は世にいた。言は肉体となり、わたしたちのうちに宿った。わたしたちはその栄光を見た。それは父のひとり子としての栄光であって、恵とまこととに満ちていた――。

 

二〇四四年六月の初夏――。

僕の父である上間正樹は、一年前に亡くなった母の後を追うようにしてこの世を去った。

四十九日が終わる頃、父の残した数々の遺品等の整理や処分などは、ほとんど全て片付いていた。後は落ち着いた頃を見計らってだが、上等の木箱に収められている父が執筆したであろうこの原稿に、ゆっくりと丁寧に目を通すだけ。今日がその日に丁度ふさわしかった。僕は書斎の中でその自伝らしき原稿の一つ一つを丁寧に、手に取り、途方もなく時を忘れて読んだ。

振り返ってみれば、僕の父は母が亡くなってからいうもの、何かに没頭する様子でこの部屋に一人閉じこもって居た。その父がこの書斎で倒れたあの日の夜、確かに母が最期を迎えた日に起きた現象と同じく、家中の明かりが更に熱を発するように、光を大きく隅々まではじいた記憶がある。僕は何気にふと、そう思い出しては、再び記憶の片隅にそれを戻し読書を続けた。

父は自然と海がとても好き。この家が建つ土地は、白浜から近い場所に位置しており、僕が小さい頃、夕方の心地よい時間帯に、よく散歩などして楽しんだ。その思い出は、今も鮮明と色濃い。父の遺品の中には、とても古い写真があるが、それはそのままこの部屋に残しておいた。その内の一枚の背景には、その海辺が隙間を埋めるようにして映っている。

全ての原稿を手に取り読み終えた。

と、その時、出窓から風が爽やかに入り込んだ。あの日もきっとこれと同じ匂いがもう一つの体をすり抜けたのかも知れない。片方のレースカーテンが一枚、風と同調して靡いている。

僕は流れた涙をそのままに、出窓の外へ顔を向けた。目を閉じ深呼吸する。優しさが胸を包み込むとても気持ちよい感覚を、今、感謝と共に実感した。

 

愛すると言う事 第一章

 

一九七六年――。

沖縄日本軍全滅から三十一年後となる昭和五十一年の七月。正樹はこの世に生を受けた。

占い鑑定 お客様の声 占いブロマガ

限定日記 著書一覧 投資日記

小顔

護符