小説 運タマギルー 最終話 特大号

著書

滝川寛之の無料連載小説 「――それで、産むことにしたのね?」 優しくて柔らかみのある美声は当初から好印象だ。ベッキーは思う。こんなにきれいな声だったらどんなに良かっただろうと。だってわたしったら、断末魔のなかで叫びくるっ … 続きを読む

小説 運タマギルー 38

著書

滝川寛之の無料連載小説 ちゃーん♪ ほら、出てきなさいな。あらら、どうしてこうしていつまでもお芋が出てこないのかしら? もしかして……? ようやく気付いたようですよ。こんな時期外れに出てくるものといえば、太い太いミミズ位 … 続きを読む

小説 運タマギルー 37

著書

滝川寛之の無料連載小説 ベッキーは目を覚ました。あの井戸端。ススキ群のたどり着く先。頭を撫でてみる。頭髪は元に戻っていた。それだけではない。帯は相変わらずなくなっているのだが、浴衣もこうしてつけているではないか。声が届く … 続きを読む

小説 運タマギルー 36

著書

滝川寛之の無料連載小説 朦朧とした意識の中、彼女は震えた両手で必死に手探る。靄のようなものが邪魔だ。かき分けてかき分けて姿をみようとするものの、触れようとするものの、あろうことか感触は伝わらず、どうにもならない。ベッキー … 続きを読む

小説 運タマギルー 35

著書

滝川寛之の無料連載小説 考える。脳みそはこん棒でカチ割ったようにしてグラングランと、酷く重痛かった。 ひとつ水を飲みたくて井戸口へ顔をのぞかせてみる。のどはからからに乾いていた。しかしこの場所、自分が背中を流した時とまる … 続きを読む