自由詩 夕闇の想いが音楽と溶け合い

自由詩
自由詩

滝川寛之の自由詩

*

 

夕闇の想いが音楽と溶け合い

部屋の片隅から流れるよう

独りの世界において

藻掻き苦しみ

目から血を流す

この世の果てに声はなく

只々君への気持が増すばかり

私は瞳を閉じて訊くと

瞑想はやはり君しかいなくて

たとえ二人をはばかろうと

運命は結一つだから

私は詩を唄い

明日をまた生きる

無料連載カテゴリ

小説 愛するということ

小説 運タマギルー

自由詩 詩情

随筆 エッセイ

小説群

詩集群

ネットオフ「タダ本」

お勧めのカテゴリ一覧

すべての花嫁に花束を:銀座ダイヤモンドシライシ




コメントする