自由詩 春の予感

自由詩
自由詩

滝川寛之の自由詩

*

 

春の予感

甘い恋唄の中において

切なさと悲しみ滲む

手を伸ばした先に二人の未来輝きて

虹色に伸びてゆく

君の笑顔がとても素敵だから

私はいつも翻弄されており

そしてまたとても恋しくなる

朝の頃合から夜の雫が落ちるまで

私は君を想う

明日来てくれるかい

一つになりたい

叶うだろうか

無料連載カテゴリ

小説 愛するということ

小説 運タマギルー

自由詩 詩情

随筆 エッセイ

小説群

詩集群

ネットオフ「タダ本」

お勧めのカテゴリ一覧

すべての花嫁に花束を:銀座ダイヤモンドシライシ




コメントする