自由詩 小粒の雨やひらりとして

自由詩
自由詩

滝川寛之の自由詩

*

 

小粒の雨やひらりとして

樹木の陰りに野鳥が集う

空はずだんだくじく雲

暗く寂しい朝の刻

私は君を思い浮かべ

心高鳴る

輝きがこの世界から救うとき

二人は裸で愛し合い

ひとつの色彩へ溶けゆく

共に過ごすということ

それが私と君のすべてだから

手をつなぎゆく

夫妻は生涯を愛し

そして

お勧めのカテゴリ一覧

怖いほど当たると大好評!

トッププロが認めた実力派占いを体感ください

四柱推命、占星術、霊視、サイキックを駆使した占い

週間占いもズバリ的中ラッシュで好評です

二星一心占い 週間占い

送念ファイルを入手 スピリチュアル

不倫 恋愛 メンタル

無料占いアーカイブ無料メルマガ登録

全メニュー

 

滝川寛之における最新著書のおしらせ

2022/12/13に「愛するということシリーズ」にて文壇入り

愛するということ1(出版社版)

愛するということ2(出版社版)

限定日記 小説一覧 詩集一覧

無料連載群

詩集 無料連載詩情

小説 運タマギルー(少年探偵団3)

コメントする