自由詩 小雨世界の燕が舞て

著書

滝川寛之の自由詩 *   小雨世界の燕が舞て 暗い光景色に僅かなり 明日は輝きと希望が 唯一結心 嗚呼 君 私と 駆け抜けゆく 今も昨日とて 望みと美しき泉の 都ははるか遠く しかし詩人は唄う 詩歌として 想い … 続きを読む

自由詩 小雨のぱらついた朝刻に

著書

滝川寛之の自由詩 *   小雨のぱらついた朝刻に 想い滲ませ我独りとして 青く広がりを見せつけた世界 その虹の中において曲線美たる 優しい温もりと肌の香りとが 交じり合いを見せた時 二人はようやく一つになる 色 … 続きを読む

自由詩 昼下りなる空模様は雲

著書

滝川寛之の自由詩 *   昼下りなる空模様は雲 愛猫が傍らにて眠りにつく 機械風が上手にそよぎ 涼しみと静けさと 独り身たる詩人が想うとき 世界は無限的に明るく奏で 相愛な意識のなか 君は都会の雑踏から詩に悟る … 続きを読む

自由詩 岩礁の森

著書

滝川寛之の自由詩 *   岩礁の森 砂音と踊る海中の魚 陽光が眩しく 遠くにはガラスボート 局地的なる鉄砲雨 涼しく癒やしせり 私は君と二人 しゃりしゃりと 無口に手を繋ぎ歩みゆく そして白浜の 流木に腰をおろ … 続きを読む

自由詩 闇夜の世界に小雨がはらり

著書

滝川寛之の自由詩 *   闇夜の世界に小雨がはらり 亡霊の住処もさ迷いて 世界が眠りにつく刻の中 只独り想いを馳せうる 明日晴れ渡るといい それが常々 緑林の芝匂が漂い 泉が湧き 鹿が姿を見せる 木々の葉から陽 … 続きを読む