自由詩 朝の陽光たるや微睡に

自由詩
自由詩

滝川寛之の自由詩

*

 

想いを馳せる詩人と君がいて

一つに交じり合う恋の蜜たるや

甘く狂おしく

 

*

 

朝の陽光たるや微睡に

清かな風が舞う

君の横顔とワンピース

黒いロングヘア

手をつなぎて浜を歩きゆく

快晴なる空の色と

芝の匂いが僅かに香り

魚の躍るしぶきもまた良くて

私は君へ口づけを交わす

春を想いて

夏を待ちわび

二人の歩調は愛に染まり

恋の色彩が全てを包む

想愛とは

心のつながり

無料連載カテゴリ

小説 愛するということ

小説 運タマギルー

自由詩 詩情

随筆 エッセイ

小説群

詩集群

ネットオフ「タダ本」

お勧めのカテゴリ一覧

すべての花嫁に花束を:銀座ダイヤモンドシライシ




コメントする