自由詩 滲んだ曇り空の下で

自由詩
自由詩

滝川寛之の自由詩

 

滲んだ曇り空の下で

歩きゆく

歩きゆく

進んだ先の赤い花

黄色い花々と

緑色した台地が久しく

潜った先にある砂浜は

今日もさざ波を聴かす

遠くから海鳥が羽ばたきて

小魚の群れへ飛び込み

冬空の中

私は独りきり

嗚呼

されど想いは温く

明日のことを遠目に見やる

冬空南海

未来はきっと

無料連載カテゴリ

小説 愛するということ

小説 運タマギルー

自由詩 詩情

随筆 エッセイ

小説群

詩集群

ネットオフ「タダ本」

お勧めのカテゴリ一覧

すべての花嫁に花束を:銀座ダイヤモンドシライシ




コメントする