自由詩 巡りくる記憶の風が吹き付ける

自由詩
自由詩

滝川寛之の自由詩

*

 

巡りくる記憶の風が吹き付ける

遠くで野鳥が鳴いていた

朝晩藻掻き苦しみう

されど一雫麗しき活力たるや

只々圧巻としゆ

拳を躙りしめ天空へと挙げる

君の幻影たるや

鏡越しに映る表情と

背中の温もりに愛らしさ

私は今も大切に感ずる

二人の虹は現として

明るみに灯されう

故に心々同相

互いの恋し

お勧めのカテゴリ一覧

怖いほど当たると大好評!

トッププロが認めた実力派占いを体感ください

四柱推命、占星術、霊視、サイキックを駆使した占い

週間占いもズバリ的中ラッシュで好評です

二星一心占い 週間占い

送念ファイルを入手 スピリチュアル

不倫 恋愛 メンタル

無料占いアーカイブ無料メルマガ登録

全メニュー

 

滝川寛之における最新著書のおしらせ

2022/12/13に「愛するということシリーズ」にて文壇入り

愛するということ1(出版社版)

愛するということ2(出版社版)

限定日記 小説一覧 詩集一覧

無料連載群

詩集 無料連載詩情

小説 運タマギルー(少年探偵団3)

コメントする