自由詩 煌びやかな眩しき朝刻に

自由詩
自由詩

滝川寛之の自由詩

*

 

煌びやかな眩しき朝刻に

緑敷たる木の葉梵て

風の虹が踊る頃合い

我、万感とせり

朝露滲む水井戸の戯れや

冷たく癒やしうる喉越しの

夏もまた涼幸健状

進む足音が鳴り

砂浜の白さゆえ

眼差しは遠く未来を

君と私は手を繋ぐ

嗚呼

福夢されど現として

表る二人の愛情と

未来は確かに微笑まし

恋人よ

お勧めのカテゴリ一覧

怖いほど当たると大好評!

トッププロが認めた実力派占いを体感ください

四柱推命、占星術、霊視、サイキックを駆使した占い

週間占いもズバリ的中ラッシュで好評です

二星一心占い 週間占い

送念ファイルを入手 スピリチュアル

不倫 恋愛 メンタル

無料占いアーカイブ無料メルマガ登録

全メニュー

 

滝川寛之における最新著書のおしらせ

2022/12/13に「愛するということシリーズ」にて文壇入り

愛するということ1(出版社版)

愛するということ2(出版社版)

限定日記 小説一覧 詩集一覧

無料連載群

詩集 無料連載詩情

小説 運タマギルー(少年探偵団3)

コメントする