自由詩 青彩の朝露たるや

自由詩
自由詩

滝川寛之の自由詩

*

 

青彩の朝露たるや

唯々爽々にて

陽光のほころびと

木の葉からの静けさと

透明な辺りとが

緑と黄と赤に絡みて

一つの色彩が舞う

輝きに穏やかな音色が満ち

道の先が曲線を帯びて

虹のようにして美しく

この世界を照らしうる

詩とその口笛と清さと

唄に綴りゆく想いとは

頑なに君のこととして

おすすめカテゴリ

小説群

詩集群

お勧めのカテゴリ一覧

コメントする