自由詩 朝の雫と静けさと

自由詩
自由詩

滝川寛之の自由詩

 

朝の雫と静けさと

朝霧の向こう側

微かに追い求めてゆく幻影たち

落ち葉の表面にカタツムリがすべる

砂利道の中で音を立てて歩くと

向こうの丘から虹が出た

君は寝ている

あの街

片隅の部屋の中で

私は鳥となり風となり

詩を届けてゆく

愛が始まるとき

全ては光で満たされるから

お勧めのカテゴリ一覧

怖いほど当たると大好評!

トッププロが認めた実力派占いを体感ください

四柱推命、占星術、霊視、サイキックを駆使した占い

週間占いもズバリ的中ラッシュで好評です

二星一心占い 週間占い

送念ファイルを入手 スピリチュアル

不倫 恋愛 メンタル

無料占いアーカイブ無料メルマガ登録

全メニュー

 

滝川寛之における最新著書のおしらせ

2022/12/13に「愛するということシリーズ」にて文壇入り

愛するということ1(出版社版)

愛するということ2(出版社版)

限定日記 小説一覧 詩集一覧

無料連載群

詩集 無料連載詩情

小説 運タマギルー(少年探偵団3)

コメントする