自由詩 朝の雫と静けさと

自由詩
自由詩

滝川寛之の自由詩

 

朝の雫と静けさと

朝霧の向こう側

微かに追い求めてゆく幻影たち

落ち葉の表面にカタツムリがすべる

砂利道の中で音を立てて歩くと

向こうの丘から虹が出た

君は寝ている

あの街

片隅の部屋の中で

私は鳥となり風となり

詩を届けてゆく

愛が始まるとき

全ては光で満たされるから

無料連載カテゴリ

小説 愛するということ

小説 運タマギルー

自由詩 詩情

随筆 エッセイ

小説群

詩集群

ネットオフ「タダ本」

お勧めのカテゴリ一覧

すべての花嫁に花束を:銀座ダイヤモンドシライシ




コメントする