自由詩 恋々しく

自由詩
自由詩

滝川寛之の自由詩

*

 

恋々しく

華やかで

澄み切っており

良い香りのする

想い

今し方の朝露は雫となり

花々の命を育む

青く

清い

緑色した

私は今日も君を向き

暖かく微笑む

手を繋ぎゆく白浜の

隅の岩礁で踵を返し

二人は再び歩く

君の優しい美声は

海鳥を軽やかにし

そして色濃く

私の傍らで色気を魅せる

乙女

無料連載カテゴリ

小説 愛するということ

小説 運タマギルー

自由詩 詩情

随筆 エッセイ

小説群

詩集群

ネットオフ「タダ本」

お勧めのカテゴリ一覧

すべての花嫁に花束を:銀座ダイヤモンドシライシ




コメントする