自由詩 小雨ちらつく朝にて想う

自由詩
自由詩

滝川寛之の自由詩

*

 

小雨ちらつく朝にて想う

独り身に冷たく滴り

濡れた身体の中から震わす

遠い彼方の

海の向こう側にて

明日が無いような毎日と

襲い掛かる過去の産物に

もがき苦しみ

手を伸ばした

嗚呼

君は

やがて月刻が変わり

春を迎えたころ

私は舞っているだろうか

上空の彼方

君に会いたい

無料連載カテゴリ

小説 愛するということ

小説 運タマギルー

自由詩 詩情

随筆 エッセイ

小説群

詩集群

ネットオフ「タダ本」

お勧めのカテゴリ一覧

すべての花嫁に花束を:銀座ダイヤモンドシライシ




コメントする