自由詩 遥かなる幻影の

自由詩
自由詩

滝川寛之の自由詩

*

 

遥かなる幻影の

遠くの姿が懐かしくて

朝靄の雫

ずだんだくじく雲の下

私は独りきり

緑の大地から漂うように

芝の匂いが心地よく

辺りの水滴が足にまとわり

それでも私は歩く

君の住む街

君の横顔

遥かなる幻影の中に居る

詩人の唄

今朝も寂しく木霊せり

嗚呼

されど君は

無料連載カテゴリ

小説 愛するということ

小説 運タマギルー

自由詩 詩情

随筆 エッセイ

小説群

詩集群

ネットオフ「タダ本」

お勧めのカテゴリ一覧

すべての花嫁に花束を:銀座ダイヤモンドシライシ




コメントする