自由詩 雨の雫がしたり落ちた

自由詩
自由詩

滝川寛之の自由詩

*

 

雨の雫がしたり落ちた

朝の光景から

滲んだガラス窓と暗い影

静かな部屋に独り立ち尽くし

物思いに老け込んでみる

嗚呼

君だけが恋しいと鳴くと

魂の恋色が返ってきたようで

私は僅かに優しくほほえむ

二人の未来は確かに光りて

輝きの中に色彩を帯び

そしてやがて白に染まる

それが互いの

お勧めのカテゴリ一覧

怖いほど当たると大好評!

トッププロが認めた実力派占いを体感ください

四柱推命、占星術、霊視、サイキックを駆使した占い

週間占いもズバリ的中ラッシュで好評です

二星一心占い 週間占い

送念ファイルを入手 スピリチュアルショップ

不倫 呪い 恋愛 メンタル

無料占いアーカイブ無料メルマガ登録

全メニュー 激安seo対策 投資日記

新規アフィリエイター募集中!全商品が高額報酬30%です!詳細はこちら

 

滝川寛之における最新著書のおしらせ

2022年 新しい著書が出ましたのでお知らせします

「滝川寛之の詩世界8」

「滝川寛之の詩世界7」

待望の最新詩集と小説になります

限定日記 小説一覧 詩集一覧

無料連載群

詩集 無料連載詩情

小説 運タマギルー(少年探偵団3)

新規アフィリエイター募集中!全商品が高額報酬30%です!詳細はこちら

コメントする