小説 運タマギルー 28

著書

滝川寛之の無料連載小説 せ。 どっこいしょ♪ こらせっせ♪ どっこいしょ♪ こらせっせ♪ ここは林の出口だ。ようやくここまで水を運んだ。あっぱれやっぱれ。さあさあ、蚊帳のなかにはいるぜよ。藁ぶきの蚊帳に入るぜよ。煙黙々と … 続きを読む

小説 運タマギルー 27

著書

滝川寛之の無料連載小説 ょう? 嗚呼、嗚呼。ねえ、マリヤ様。わたし、この夢のような現実の世界で何かを探さなきゃダメなのですね? そう、誰かに逢うのよ。それはいつ? もうじきわかることだわ。さあ、夢の続きを観ましょうか―― … 続きを読む

小説 運タマギルー 26

著書

滝川寛之の無料連載小説 るだなんて。なんだか胸がきゅんとする。浩二君と言えば「またやってる! マジでウザいなあ……」と頭をポリポリとかいていた。けれどもわかる。彼もきっと、ベッキーと同じ気持ちなんだと。 淡いそうなキスが … 続きを読む

小説 運タマギルー 25

著書

滝川寛之の無料連載小説 じた。 食事は済ませていない。イルミネーション会場の大きな公園でとるつもりでいた。そこにはパーラーが幾つか出ているはずだ。それと心配なのは何と言ってもトイレである。長蛇の順番待ちで混みやしないか懸 … 続きを読む

小説 運タマギルー 24

著書

滝川寛之の無料連載小説 クリスマスが近いと言うのに、みぞれや小雪どころか、去年に増して温かく感じる。年々思うことだけれども、温暖化現象というやつは相当深刻になりつつあるようで、本当に地球は大丈夫なのだろうか? などと同級 … 続きを読む

小説 運タマギルー 23

著書

滝川寛之の無料連載小説 からなのね……。そう、あれはすべて夢の中の出来事だったのよ。だって、そうでしょう? わたしは、わたしは、ここに、この場所にいるのですものね。当然だわ。 「まなぶ、まなぶ、唸ってたぞ。また、あの夢を … 続きを読む

小説 運タマギルー 22

著書

滝川寛之の無料連載小説 え――? 思う。 今夜ではないの? この場所で今すぐにやると言う事ではなかったの? ちがう……。やだ! わたしったら本当に頭がどうかしちゃってたのだわ。反省しなきゃ。反省するのよ。ごめんなさいマリ … 続きを読む

小説 運タマギルー 21

著書

滝川寛之の無料連載小説 のだから糞の臭いなんか我慢してしまえばよくなくて? あなたは変態。マゾヒストで変態のベッキーなのだわ。そうよ、わたしは愛液にまみれた学君の肉便器。なんにでもなってやるし何とでもいうが良くてよ。 朝 … 続きを読む

小説 運タマギルー 20

著書

滝川寛之の無料連載小説 ひげ親父の店主の話はいつ聞いても楽しいものがある。今回もこけら笑ってその場を後にした。 公園へ行くか相談しあう。”今日は宿題が多いんだ。”そう聞くと、嗚呼、やっぱり学君とわたしは違うクラスなのね。 … 続きを読む

小説 運タマギルー 19

著書

滝川寛之の無料連載小説 ああ、そうだな……。なあ……? なあに? いや、やっぱりなんでもない。 もう、さっきから何でもない何でもないって、もうちょっと男らしくしてほしいな♪ はっきり言って♪ いや、本当に何でもないんだ。 … 続きを読む

小説 運タマギルー 18

著書

滝川寛之の無料連載小説 なる。なあ、おっかあ……。明日はちゃんと起きてくれよな。起きてくれるだろうよ? ええ? どうなんだい? ぎ、ギルーや。おっかあはな……、おっかさんはあんたが大きくなる姿を観れてほんとうによかっただ … 続きを読む

小説 運タマギルー 17

著書

滝川寛之の無料連載小説 したよ。 この子供はどうだ? アンダクエーボージャーの表情を確認します。すると、奴は垢だらけの皮膚から満面の笑みを浮かべてこちらを見やった。それがなんだかおかしくて、ギルーはおもわず微笑する。 ふ … 続きを読む