自由詩 朝焼け過ぎし群青の刻

自由詩
自由詩

滝川寛之の自由詩

*

 

朝焼け過ぎし群青の刻

遥か大地の源泉ほとり

千切れ雲が一つ流れて

露の先なる生命の確かさ

温もり麗しき緑黄たるや

唯々目を見開き清々と

君の住む街明かり

朝時ちらつきせんとして

故に小鳥舞い上がりし

せせらぎと微風

私は上空想伝飛翔し

輝かしさ虹の彼方へと

未来を構築せん

君と私と

結いて

お勧めのカテゴリ一覧

怖いほど当たると大好評!

四柱推命、占星術、霊視、サイキックを駆使した占い

週間占いもズバリ的中ラッシュで好評です

二星一心占い 週間占い

送念ファイルを入手

不倫 呪い 恋愛 メンタル

無料占いアーカイブ無料メルマガ登録

競馬無料予想占い無料メルマガ登録

全メニュー 激安seo対策

新規アフィリエイター募集中!全商品が高額報酬10%です!詳細はこちら

 

滝川寛之における最新著書のおしらせ

2022年 新しい著書が出ましたのでお知らせします

「滝川寛之の詩世界7」

「この世の果てにおいて(愛するということ2)」

待望の最新詩集と小説になります

限定日記 小説 詩集

無料連載群

詩集 無料連載詩情

小説 愛するということ

小説 運タマギルー(少年探偵団3)

小説 この世の果てにおいて(愛するということ2)

新規アフィリエイター募集中!全商品が高額報酬10%です!詳細はこちら

コメントする

Enable Notifications OK No thanks