自由詩 灯火と暗闇の狭間にて

自由詩
自由詩

滝川寛之の自由詩

*

 

灯火と暗闇の狭間にて

揺らめきそよぎ流れゆく

透明たる風の涼けさや

只々身に沁みて軽やかたる

それでも身を震わせ

朝刻の眩しさを待ち侘びて

嗚呼、柔らかな唇

君の肌

恋々しさや募るばかりで

私は今朝も詩を歌う

二人に虹が差すといい

そこから歩み寄り

抱きしめて

接吻そして愛しあう

恋交相思

お勧めのカテゴリ一覧

怖いほど当たると大好評!

四柱推命、占星術、霊視、サイキックを駆使した占い

週間占いもズバリ的中ラッシュで好評です

二星一心占い 週間占い

送念ファイルを入手

不倫 呪い 恋愛 メンタル

無料占いアーカイブ無料メルマガ登録

全メニュー 激安seo対策

愛しの彼女へ詩をプレゼント企画

新規アフィリエイター募集中!全商品が高額報酬10%です!詳細はこちら

 

滝川寛之における最新著書のおしらせ

2022年 新しい著書が出ましたのでお知らせします

「滝川寛之の詩世界8」

「滝川寛之の詩世界7」

「この世の果てにおいて(愛するということ2)」

待望の最新詩集と小説になります

限定日記 小説 詩集

無料連載群

詩集 無料連載詩情

小説 愛するということ

小説 運タマギルー(少年探偵団3)

小説 この世の果てにおいて(愛するということ2)

新規アフィリエイター募集中!全商品が高額報酬10%です!詳細はこちら

コメントする

Enable Notifications OK No thanks