自由詩 暗闇の先に終わりが見えて

自由詩
自由詩

滝川寛之の自由詩

*

 

暗闇の先に終わりが見えて

人生を終えた詩人

風だけが便りで届く

雑踏にとけゆく姿と声が

あちらの彼方へ響き

振り返ると何もなくて

されど哀しくなり

新しい世界へ消えゆく

嗚呼

私は生きていたかった

死体が燃えて灰となり

冷たい海をさ迷い流れる

明日はきっと

屍の最期

我、無念なり

死体

無料連載カテゴリ

小説 愛するということ

小説 運タマギルー

自由詩 詩情

随筆 エッセイ

小説群

詩集群

ネットオフ「タダ本」

お勧めのカテゴリ一覧

すべての花嫁に花束を:銀座ダイヤモンドシライシ




コメントする