自由詩 群青の彼方へ陽光昇り

著書

滝川寛之の自由詩 *   群青の彼方へ陽光昇り 野鳥群と舞行きて 光りの線が虹を作るとき 見えうる光景 唯々彩く透明とせり 遠く橋元から望む未来 一つしかない答えとは 手探り手繰り寄せ 輝きの現実として 君と私 … 続きを読む

自由詩 輝雲登りし空の青さは

著書

滝川寛之の自由詩 *   輝雲登りし空の青さは 朝時の清らかさに香る 電線の雀群やけたたましく 生命の逞しき雫 蜜蜂たちが踊る頃合に 私は詩人として想いし ゆくゆくの先へ線を描く 君の窓辺は黄色い花 相思にて恋 … 続きを読む

自由詩 晴天の景色と猫の声

著書

滝川寛之の自由詩 *   晴天の景色と猫の声 歩む砂利道の海道 防風林から海鳥が舞いて 小魚の群れが海面を跳ねる カヤックの釣人達が連ねて 朝刻に陽光の線 私は岩礁から景観を望み 天へ向けて腕を伸ばす 君の住む … 続きを読む

自由詩 透明に澄んだ色彩の青

著書

滝川寛之の自由詩 *   透明に澄んだ色彩の青 彼方へ伸びる水平と 薄霧にかおる上空と 唯々白波もなく 風がそよぐ夏の頃合 蝉の鳴声が一つ二つ 蝶々が舞うようにして踊り 黄色い花が吐き誇る 私は詩人として生きて … 続きを読む

自由詩 青の透明に漂いさ迷う

著書

滝川寛之の自由詩 *   青の透明に漂いさ迷う 朝の雫たるや弾きゆき 光りの先に線が伸びて 木の葉の揺れ具合 唯々音もなく さざ波に舞う飛魚が 太陽の天辺へ消えゆき 明日の頃合し時を刻む 君のはにかみが温く 白 … 続きを読む

自由詩 深夜刻による静けさ

著書

滝川寛之の自由詩 *   深夜刻による静けさ 漂い満ちる白羽が休まり 眠りに就いた世界 唯々緩やかに 目を覚ます陽光 丘の上から虹が伸びる 艶やかな色彩と 温もりと 笑顔の絶えない世界 君と私が結び行くとき 七 … 続きを読む

自由詩 霧々たる朝刻の世界

著書

滝川寛之の自由詩 *   霧々たる朝刻の世界 夏の深緑から小鳥が鳴く 透明なる青さと 癒しの水辺 鹿の足跡が続く 泉の反射に目を細めて 麓の向こうから風が舞う やがて虹が伸び 彩さの中に二人は集う 君の笑顔が素 … 続きを読む

自由詩 青空の爽快輪と

著書

滝川寛之の自由詩 *   青空の爽快輪と 葉先の眩輝 線を描いた世界に 喧騒音もなく 泉の育み 深緑に漂匂されど 艶やかなる透明色 光々に踊り 詩を歌う 心中目覚ましき 震える大地も 故に想いを全うし 詩人の恋 … 続きを読む

自由詩 千切れ雲ぽつりと

著書

滝川寛之の自由詩 *   千切れ雲ぽつりと 遠浅の白い砂浜 上空の青は流れゆき 水平もまた穏やかに 朝に迎える光の粒と 生命なる煌めき 雫がしたり水の音色 緑の先に虹が浮かぶ 一つの陽光とは 紛れもなく君の事で … 続きを読む

自由詩 寝息広がりて闇中

著書

滝川寛之の自由詩 *   寝息広がりて闇中 夜影なる月明かりし 星々もまた潜みて 音の無い世界と 朝刻を迎い入る 遥かに香った緑林と 透明の青 陽光差し込む頃に 生命漲りし 蝉と野鳥の群れ 流線形に舞う蝶々が … 続きを読む