自由詩 明朝過ぎゆし彩夏の刻

自由詩
自由詩

滝川寛之の自由詩

 

明朝過ぎゆし彩夏の刻

風舞行々されど陽光たるや

恋の温さと愛情と

一つの世界を観た気がした

君と私として

やがてはこの世の明かり

二人の紡ぐ想恋詩歌

故に手を繋ぎゆき

口づけを交わし

傍らにて寄り添う寝顔

夫妻の未来とは

黄色花のように艶やか

そして燦々とし

一つの命を宿す虹

明るみて

お勧めのカテゴリ一覧

怖いほど当たると大好評!

トッププロが認めた実力派占いを体感ください

四柱推命、占星術、霊視、サイキックを駆使した占い

週間占いもズバリ的中ラッシュで好評です

二星一心占い 週間占い

送念ファイルを入手 スピリチュアル

不倫 恋愛 メンタル

無料占いアーカイブ無料メルマガ登録

全メニュー

 

滝川寛之における最新著書のおしらせ

2022/12/13に「愛するということシリーズ」にて文壇入り

愛するということ1(出版社版)

愛するということ2(出版社版)

限定日記 小説一覧 詩集一覧

無料連載群

詩集 無料連載詩情

小説 運タマギルー(少年探偵団3)

コメントする