滝川寛之の詩世界 詩集8

滝川寛之の詩世界 詩集8

2022年最後の詩集です

原稿248枚の大ボリューム!

宜しくお願いします

お支払いを済ませると自動的に商品へのログインidとパスワードが届きますので大切に保管なさってください。ダウンロード商品については下記のメンバー観覧追記記事にてダウンロードリンクを設けていますから、そこからダウンロードしてください。観覧期限は一週間です

免責事項 利用規約

1500円➡800円(税込880円)

申し込み
申し込み

 

お勧めのカテゴリ一覧

怖いほど当たると大好評!

トッププロが認めた実力派占いを体感ください

四柱推命、占星術、霊視、サイキックを駆使した占い

週間占いもズバリ的中ラッシュで好評です

二星一心占い 週間占い

送念ファイルを入手 スピリチュアルショップ

不倫 呪い 恋愛 メンタル

無料占いアーカイブ無料メルマガ登録

全メニュー 激安seo対策 投資日記

新規アフィリエイター募集中!全商品が高額報酬30%です!詳細はこちら

 

滝川寛之における最新著書のおしらせ

2022年 新しい著書が出ましたのでお知らせします

「滝川寛之の詩世界8」

「滝川寛之の詩世界7」

待望の最新詩集と小説になります

限定日記 小説一覧 詩集一覧

無料連載群

詩集 無料連載詩情

小説 運タマギルー(少年探偵団3)

新規アフィリエイター募集中!全商品が高額報酬30%です!詳細はこちら

 

商品ダウンロードは以下にてです

クレジットを完了しログインすると観覧できます

You need to be logged in to view the rest of the content. お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

自由詩 晴天の景色と猫の声

著書

滝川寛之の自由詩 *   晴天の景色と猫の声 歩む砂利道の海道 防風林から海鳥が舞いて 小魚の群れが海面を跳ねる カヤックの釣人達が連ねて 朝刻に陽光の線 私は岩礁から景観を望み 天へ向けて腕を伸ばす 君の住む … 続きを読む

自由詩 透明に澄んだ色彩の青

著書

滝川寛之の自由詩 *   透明に澄んだ色彩の青 彼方へ伸びる水平と 薄霧にかおる上空と 唯々白波もなく 風がそよぐ夏の頃合 蝉の鳴声が一つ二つ 蝶々が舞うようにして踊り 黄色い花が吐き誇る 私は詩人として生きて … 続きを読む

自由詩 青の透明に漂いさ迷う

著書

滝川寛之の自由詩 *   青の透明に漂いさ迷う 朝の雫たるや弾きゆき 光りの先に線が伸びて 木の葉の揺れ具合 唯々音もなく さざ波に舞う飛魚が 太陽の天辺へ消えゆき 明日の頃合し時を刻む 君のはにかみが温く 白 … 続きを読む

自由詩 深夜刻による静けさ

著書

滝川寛之の自由詩 *   深夜刻による静けさ 漂い満ちる白羽が休まり 眠りに就いた世界 唯々緩やかに 目を覚ます陽光 丘の上から虹が伸びる 艶やかな色彩と 温もりと 笑顔の絶えない世界 君と私が結び行くとき 七 … 続きを読む

自由詩 霧々たる朝刻の世界

著書

滝川寛之の自由詩 *   霧々たる朝刻の世界 夏の深緑から小鳥が鳴く 透明なる青さと 癒しの水辺 鹿の足跡が続く 泉の反射に目を細めて 麓の向こうから風が舞う やがて虹が伸び 彩さの中に二人は集う 君の笑顔が素 … 続きを読む

自由詩 青空の爽快輪と

著書

滝川寛之の自由詩 *   青空の爽快輪と 葉先の眩輝 線を描いた世界に 喧騒音もなく 泉の育み 深緑に漂匂されど 艶やかなる透明色 光々に踊り 詩を歌う 心中目覚ましき 震える大地も 故に想いを全うし 詩人の恋 … 続きを読む

自由詩 千切れ雲ぽつりと

著書

滝川寛之の自由詩 *   千切れ雲ぽつりと 遠浅の白い砂浜 上空の青は流れゆき 水平もまた穏やかに 朝に迎える光の粒と 生命なる煌めき 雫がしたり水の音色 緑の先に虹が浮かぶ 一つの陽光とは 紛れもなく君の事で … 続きを読む

自由詩 寝息広がりて闇中

著書

滝川寛之の自由詩 *   寝息広がりて闇中 夜影なる月明かりし 星々もまた潜みて 音の無い世界と 朝刻を迎い入る 遥かに香った緑林と 透明の青 陽光差し込む頃に 生命漲りし 蝉と野鳥の群れ 流線形に舞う蝶々が … 続きを読む

自由詩 黄朝けたたましく蝉の声

著書

滝川寛之の自由詩 *   黄朝けたたましく蝉の声 線を帯びた白雲浮かびて 青の空と光と 雀の群れが舞い上がり 草木の雫が垂れる 僅かなる透明な自然匂 手を繋ぎ歩き行き 木魂した漲りは 今日という糧となりて 私と … 続きを読む

自由詩 朝陽と清かな風に

著書

滝川寛之の自由詩 *   朝陽と清かな風に 光なす帯と虹の先 乾いた蝉が木魂する 詩情が風に舞い 上空から届けし 更に窓辺へと 恋々しく包み込み 明日の灯火を示しうる 彼方の先で 彩があるように 君と私 広がり … 続きを読む