自由詩 青の透明に漂いさ迷う

自由詩
自由詩

滝川寛之の自由詩

*

 

青の透明に漂いさ迷う

朝の雫たるや弾きゆき

光りの先に線が伸びて

木の葉の揺れ具合

唯々音もなく

さざ波に舞う飛魚が

太陽の天辺へ消えゆき

明日の頃合し時を刻む

君のはにかみが温く

白き柔らかく

細い指を伸ばして

私の頬に触れる

唇は赤

それから彩くて

結しき心の窓辺へと

二人は歩みゆく

お勧めのカテゴリ一覧

怖いほど当たると大好評!

トッププロが認めた実力派占いを体感ください

四柱推命、占星術、霊視、サイキックを駆使した占い

週間占いもズバリ的中ラッシュで好評です

二星一心占い 週間占い

送念ファイルを入手 スピリチュアル

不倫 恋愛 メンタル

無料占いアーカイブ無料メルマガ登録

全メニュー

 

滝川寛之における最新著書のおしらせ

2022/12/13に「愛するということシリーズ」にて文壇入り

愛するということ1(出版社版)

愛するということ2(出版社版)

限定日記 小説一覧 詩集一覧

無料連載群

詩集 無料連載詩情

小説 運タマギルー(少年探偵団3)

コメントする