詩情 静観たる彼方の水平線

著書

滝川寛之の自由詩 *   静観たる彼方の水平線 心洗うる潤しき 上空雲々ちらつかせ 陽光差し込む明暖し 只々気持ちよく包みゆ 明日の輝きから 君が傍らに寄り添いて 詩を口遊みし恋歌と 私は愛を奏でゆき 二人の想 … 続きを読む

自由詩 朝焼け過ぎし群青の刻

著書

滝川寛之の自由詩 *   朝焼け過ぎし群青の刻 遥か大地の源泉ほとり 千切れ雲が一つ流れて 露の先なる生命の確かさ 温もり麗しき緑黄たるや 唯々目を見開き清々と 君の住む街明かり 朝時ちらつきせんとして 故に小 … 続きを読む

自由詩 晴天の景色と猫の声

著書

滝川寛之の自由詩 *   晴天の景色と猫の声 歩む砂利道の海道 防風林から海鳥が舞いて 小魚の群れが海面を跳ねる カヤックの釣人達が連ねて 朝刻に陽光の線 私は岩礁から景観を望み 天へ向けて腕を伸ばす 君の住む … 続きを読む

自由詩 透明に澄んだ色彩の青

著書

滝川寛之の自由詩 *   透明に澄んだ色彩の青 彼方へ伸びる水平と 薄霧にかおる上空と 唯々白波もなく 風がそよぐ夏の頃合 蝉の鳴声が一つ二つ 蝶々が舞うようにして踊り 黄色い花が吐き誇る 私は詩人として生きて … 続きを読む

自由詩 青の透明に漂いさ迷う

著書

滝川寛之の自由詩 *   青の透明に漂いさ迷う 朝の雫たるや弾きゆき 光りの先に線が伸びて 木の葉の揺れ具合 唯々音もなく さざ波に舞う飛魚が 太陽の天辺へ消えゆき 明日の頃合し時を刻む 君のはにかみが温く 白 … 続きを読む

自由詩 深夜刻による静けさ

著書

滝川寛之の自由詩 *   深夜刻による静けさ 漂い満ちる白羽が休まり 眠りに就いた世界 唯々緩やかに 目を覚ます陽光 丘の上から虹が伸びる 艶やかな色彩と 温もりと 笑顔の絶えない世界 君と私が結び行くとき 七 … 続きを読む

自由詩 霧々たる朝刻の世界

著書

滝川寛之の自由詩 *   霧々たる朝刻の世界 夏の深緑から小鳥が鳴く 透明なる青さと 癒しの水辺 鹿の足跡が続く 泉の反射に目を細めて 麓の向こうから風が舞う やがて虹が伸び 彩さの中に二人は集う 君の笑顔が素 … 続きを読む