小説 運タマギルー 35

著書

滝川寛之の無料連載小説 考える。脳みそはこん棒でカチ割ったようにしてグラングランと、酷く重痛かった。 ひとつ水を飲みたくて井戸口へ顔をのぞかせてみる。のどはからからに乾いていた。しかしこの場所、自分が背中を流した時とまる … 続きを読む

小説 運タマギルー 35

著書

滝川寛之の無料連載小説 ことをおもいます。 なあ、たいへんだったろうて。そうじゃろう? アンダーよ。おまえはろくすっぽ飯も食わずに、厚揚げ屋の古い油ばかり啜っておった。何ともみじめなはなしじゃて。それから若い衆の小便を飲 … 続きを読む

小説 運タマギルー 34

著書

滝川寛之の無料連載小説 こを拭うとき、ほのかにエビのようなにおいが立ち込めた。中は洗いたくない。だって、ご主人様の生命が宿っているんですもの。 「帰ったら飯を食らった後、町へ降りてみるからの」 「どうしても、ですか……? … 続きを読む

小説 運タマギルー 33

著書

滝川寛之の無料連載小説 え、ええ! そうです! 彼の妻です! 女房です! 旦那もめでたい男じゃな。うらやましい限りじゃ。 「ただいま帰ったぞぅ――」 おかえりなさい、ご主人様。あの、ご主人様が留守にしている間にお客様がい … 続きを読む

小説 運タマギルー 32

著書

滝川寛之の無料連載小説 ぱり赤ちゃんを出すところですものね。開発すれば開くものなのだわ。けれどもこれでわたしはもう二度と一般常識的な大きさは適さなくなった。でもでも、ご主人様はわたしにずっとご褒美を与えてくれるだろうから … 続きを読む

小説 運タマギルー 31

著書

滝川寛之の無料連載小説 り。それらが円陣を作ってギルーを囲います。それからそれから、徐々にですが円陣が狭まってきますよ。これからギルーは袋叩きにあってぼこぼこのギッチョンです。さあ、どうしたどうした。 万事は休したかのよ … 続きを読む