小説 運タマギルー 6

著書

滝川寛之の無料連載小説 を与えることもおろそかにはできないので、結局は力仕事をやってのけてしまったのです。それはそれは死んでしまった方がいいくらいに疲れ果てました。 ギルーはすくすく育ち、徐々にですが離乳食をほおばるよう … 続きを読む

小説 運タマギルー 5

著書

滝川寛之の無料連載小説 十八世紀初頭の西暦一七〇九年。 わんねぇ、うんたまぎるーやいびん。あまかい、くまかい、ぬするそんどぅ。やしがて、わんにもちむぐくるあいさ。たーやてぃんしむんあらんどぅ。わんねーめあてぃがぁわ、じん … 続きを読む

小説 運タマギルー 4

著書

滝川寛之の無料連載小説 な。と考え始めていた。梓がベッキーの耳元に唇を当ててささやいた。浩二君のことが好きなの? と。赤面したベッキーは、おもわず口を両手で隠した。こうなった以上、いつまでも親友の梓に恋の隠し事はできない … 続きを読む

小説 運タマギルー 3

著書

滝川寛之の無料連載小説 し戦士。銀の鎧を纏いていざゆかん。ベッキー姫、さあ、私からの贈り物である教科書をどうぞ。なんて素敵なんでしょう♪ その日の夜。四十二度の温いシャワーから出たのち、化粧台にあるドライヤーで軽く髪を乾 … 続きを読む

小説 運タマギルー 2

著書

滝川寛之の無料連載小説 妹はブランコを選択して芝生から移動した。 お姉ちゃんは翌年からダイエットに励むわね、と話していたが果たして本当だろうか? ベッキーはそのことを記憶の片隅にだけおいて、とりあえず何も考えないようにし … 続きを読む

小説 運タマギルー 1

著書

滝川寛之の無料連載小説 運玉ギルー 著者:滝川寛之   *   第一印象はあてにならない。確かそういう話を誰かから聞いたことがある。はて? それはどこでだっただろう? 昨日のトイレ回数と似ていて、なか … 続きを読む