占い相談 恋愛 追い続ける

占い相談、占い悩み、占い鑑定
占い相談、占い悩み、占い鑑定

恋愛において想い続けるというのはとても大事なことでして

恋というのは駄目になるまで想い続けるということが肝になってくる

それは当然ですよね

信じ切る気持ち大事です

そして恋愛となってそこでもお互いにリスペクトしあって想い続ける

長く続けていくうえで本当に大事です

結婚後もお互いをリスペクトし生きること愛しとおすこと

愛を与えれば愛が返ってくる

その環境がベストです

もし愛を与えても返ってこないのならば

その恋愛はもう終いにしたほうがいい

リスペクトの無い関係は損失他ならない

あなたの人生の時間を無駄にしないためにも破局を選んだほうがいい

それが交際の時点で分かるなら更によしですが

大抵の場合は結婚後に本性が見えてくるから厄介なのです

ですからね結婚後もちゃんと愛してくれてるか

そしてまた自分も愛してあげているのか

じっくり観察しましょうね

そしてまた注意することも大事です

愛しているのだから愛してほしいというのです

愛を与えているのだから愛を返してほしいというのです

別れを口にするのはそのあとの行動を見てからでもいい

がんばりましょうね

    あなたのその悩みを無料で占います
    毎日、抽選で悩みを無料占いしています
    当方が多忙などの場合は不定期での無料占いとなりますが
    申し込みしておけば無料占いを受けれるチャンスがあります
    直ぐに間違いなく占ってほしい場合は下記の黄色ボタン先にてお申し込みください

    占いと悩み相談申し込み
    占いと悩み相談申し込み

    占い相談記事 不倫占い記事 願いを叶える

    電話占い 婚活出会い 開運グッズ

    カウンセリング English Version

    マインド 日記 小説 詩集 無料連載

    パワーストーンジュエリー
    御守ジュエリー

    不倫占い 婚外恋愛 楽しむ

    不倫、婚外恋愛、不倫占い
    不倫、婚外恋愛、不倫占い

    婚外恋愛を楽しむというのは罪悪感があると思うけど

    不倫

    婚外恋愛において

    楽しむというのは確かに罪悪感があるけれど

    それ以上に恋しくてやめられないものがある

    禁断の愛だからこそその想いが倍増する

    そうですよね

    ただし、見つかった時の覚悟は必要で

    慰謝料なりこれまでの時間が無駄になり

    そしてまた全員が傷つく

    不倫を楽しむと言ってもやはりそれは非常に大罪だということ

    だからこそ悩みを抱えた時には誰にも相談できないものです

    身近な人だと守秘義務を守らない可能性が高い

    全く信用できないですよね

    そんな時に守秘義務を守る赤の他人の占い師やカウンセラーがいるんですね

    本当に私の所もそうなんですけど99%は不倫に関する相談なんですね

    悩んでる方が非常に多い

    ですからあなたも躊躇する必要は全くないです

    安心して相談するといいですよ

    それによって気が晴れるはずですから

      あなたのその悩みを無料で占います
      毎日、抽選で悩みを無料占いしています
      当方が多忙などの場合は不定期での無料占いとなりますが
      申し込みしておけば無料占いを受けれるチャンスがあります
      直ぐに間違いなく占ってほしい場合は下記の黄色ボタン先にてお申し込みください

      占いと悩み相談申し込み
      占いと悩み相談申し込み

      占い相談記事 不倫占い記事 願いを叶える

      電話占い 婚活出会い 開運グッズ

      カウンセリング English Version

      マインド 日記 小説 詩集 無料連載

      パワーストーンジュエリー
      御守ジュエリー

      日記 鬱の時はとにかく沢山長風呂してたっぷり寝てください

      日記
      日記

      鬱の時というのは

      温泉旅行とかかなりいいかもしれない

      おすすめだよ

      沢山長風呂して

      沢山美味しいものだ食べて

      散歩して

      温泉旅行って

      鬱には

      最高の環境じゃん

      スーパー銭湯やサウナも良いよね

      本当に脳から汗かくと

      風呂から出た後に

      凄いリフレッシュしているのがわかるから

      たまらないのだよね

      おすすめです

        あなたのその悩みを無料で占います
        毎日、抽選で悩みを無料占いしています
        当方が多忙などの場合は不定期での無料占いとなりますが
        申し込みしておけば無料占いを受けれるチャンスがあります
        直ぐに間違いなく占ってほしい場合は下記の黄色ボタン先にてお申し込みください

        占いと悩み相談申し込み
        占いと悩み相談申し込み

        占い相談記事 不倫占い記事 願いを叶える

        電話占い 婚活出会い 開運グッズ

        カウンセリング English Version

        マインド 日記 小説 詩集 無料連載

        パワーストーンジュエリー
        御守ジュエリー

        小説 愛するということ 49

        連載小説
        連載小説

        子の魂が宿っている。その為、実年齢よりも年上に見えるのは当然の事。

        「住んでるのは金城さん宅だよね? 向こうの人、どんな感じ? 優しい?」

        「はい、とっても明るくて優しいです」

        「そっか、いいなあ。楽しそうだね。僕なんか一人暮らしだし、余り外に出ないから、結構寂しい思いしてるんだけど、本当に家族って良いよね」

        彼は一見閉鎖的で怪しく思えるが、実はそうでは無い。恵は完全に守に対する見方をこの時変えた。

        守の住む家の入り口まで、二人の会話はしばらく続いた。

        「それじゃ、ここで」

        きり良く住む家の門前で話が終わってから、彼が発した。

        「はい。ありがとうございました」

        「いや、かえってこっちが礼を言いたいよ。久しぶりにまともに人と会話したからね。ありがとう」

        その時だった。

        「うっ!」

        守が急に屈みこんだ。何やら胸のほうが苦しいようだ。恵は慌てて守の側にしゃがみ、彼の様子を伺った。

        「どうしたんですか?」

        「うう……」

        「鼻血が出てる! 大丈夫ですか?」

        「だ、大丈夫だよ……」

        「今、誰か人連れてきますね。待ってて下さい」

        「いや、本当に大丈夫。大したことないから、人、呼ばなくて良いよ。それより、悪いけど、ち、ちょっと手伝ってくれないか? これを中まで運んでくれると助かるんだけど……。大丈夫、お、おじさんは一人で歩けるから……」

        守は、苦しくした際に手元から落とした買い物袋を指差した。

        「分かりました。玄関、開けますね。鍵、ありますか?」

        「いや、鍵は、何時もしていないんだ。この島に、泥棒とかは居ないと思ってね。た、助かるよ」

        「いえ、たいした事じゃないですから」

        二人は家の中に入り寝床のある部屋へと移動した。着くと直に守は横になった。彼はまだ辛そうな顔をしている。恵はどうして良いのか分からず、とりあえず、買い物袋を置いて布団の横に跪いた。守が苦しそうに言った。

        「め、恵ちゃん。わ、悪いけど、台所から水入れてきてくれないか? あと、向こうの卓袱台に薬が色々おいてあるから、それ、全部持ってきて欲しい。ごめんね」

        「はい。ちょっと待っててくださいね。直持ってきます」

        「ありがとう、助かるよ」

        守は恵が持ってきた多量の薬の中から幾つかを手にし、それを水と一緒に飲み込んでから再び横になった。しばらく様子を見てから守が発した。

        「少し痛みが退いて来た。ありがとうね、今日は本当に助かったよ」

        「いえ。痛み、退いてよかったです」

        「もう大丈夫。後は一人で大丈夫だから、恵ちゃん、そろそろ帰った方が良いんじゃないかな? ほら、もうじき日が暮れそうだし、早く帰ったほうが良い」

        「あ、はい。それじゃ、そろそろ帰りますね。本当に大丈夫ですか?」

        「うん、今日はありがとうね」

        「いいえ、別に。それじゃ――」

        恵はそう言うと、立ち上がって出口の方向へと歩こうとした。

        「恵ちゃん」

        守の声に、恵は足を止めて振り返った。

        「はい?」

        「やっぱり、少しだけ、少しだけ話していかないか?」

        「あの、でも……」

        「ちょっとで良いんだ。ちょっとだけで良いから、もう少しだけ話したい。気が紛れるからね。駄目かな?」

        「分かりました。それじゃ、もう少しだけ」

        恵はそう言うと、再び元の位置に跪いた。

        「ありがとう。ごめんね、もう遅いのに」

        「いえ。もう暗くなりそうだけど、ちょっと位なら大丈夫です」

        「ありがとう。それじゃ、何から話そうか。そうだな、恵ちゃんの事について訊いて良いかな?」

        「はい」

        「此処に来た事についてなんだけど。恵ちゃんは」

        「なんですか?」

        「恵ちゃんは上村だから、金城さんの娘ではないよね? 従妹か何か?」

        「いえ、違います。あの……、里親で……」

        「あ、ごめんね。そっか、小百合ちゃんと同じで、里親で着たのか。そうか」

        「あの、小百合さんの事、余り知らないんじゃ……」

        「最近、名前をちょっと忘れていただけで、彼女の事を余り知らない訳じゃないよ。むしろ、彼女の事は良く知ってる。何年か前に、ちょっと騒ぎになってたからね」

        「騒ぎって……、もしかして」

        「恵ちゃん、知ってるの?」

        「はい……」

        「そっか、知ってるのか。とりあえず、この話は止めよう。暗くなっちゃうからね」

        一瞬、その場の空気が重くなった。二人とも口を閉じている。

        「あの……、守さんは、どうして此処に着たんですか?」

        話を逸らすように恵は訊いた。

        「ああ、僕ね。僕はね」

        「はい」

        「僕は、病気を癒す為にこの島に着たんだけど、海眺めたり泳いでみたり海中散歩したりできないんじゃ、何のために此処に滞在してるのか分からないね。いや、本当に間抜けだ

        無料連載カテゴリ

        小説 愛するということ

        小説 運タマギルー

        自由詩 詩情

        随筆 エッセイ

        小説群

        詩集群

         

        占い相談記事 不倫占い記事 願いを叶える

        電話占い 婚活出会い 開運グッズ

        カウンセリング English Version

        マインド 日記 小説 詩集 無料連載

        パワーストーンジュエリー
        御守ジュエリー