詩情 新しい必然

詩情、散文詩、現代詩
詩情、散文詩、現代詩

 

「新しい必然」

 

金色の太陽が丘から登った。 

只、ゆらゆらと遠近感を利かした大きな光は、 

その先々で生命の目覚めを見ている。 

朝が来た。 

それに矛盾した答えなど一つもなかった。 

眩しい陽光と対面したようにある海原は、 

上空の千切れ雲とともに、

夜風を払しょくしていた。

占い鑑定 お客様の声 占いブロマガ

限定日記 著書一覧 投資占い日記

本当は紹介したくないお勧めの占い

御守

詩情 夏の散歩道

詩情、散文詩、現代詩
詩情、散文詩、現代詩

 

「夏の散歩道」

 

毎年決まってこの時期の散歩どころと言うのがあって、

今日は真夏の早朝散歩道を歩いた。

リゾートホテルのビーチそばにある海浜公園で、

早朝は人の影が見当たらないほどに穴場スポットと化す。

とても良い空気だった。

遊歩道の両翼には茂みがあって、

それらから緑のかほりがありったけ匂う。

岬の方から冷たい風が入り込み、

ウォーキング疲れを幾分だが癒した。

今日は凪っている。

潮が濁りを見せていなかったために、

海中は透き通り、

底に広がる白浜をも美しく見せつけた。

エメラルドグリーンのビーチのそばには、

シーカヤックが並んでいて、

まだ誰もいないビーチに存在感を見せつけていた。

二キロ先にある桟橋には、

ガラスボートが停泊しており、

久しく乗りたいなと、

ふと思った。

占い鑑定 お客様の声 占いブロマガ

限定日記 著書一覧 投資占い日記

本当は紹介したくないお勧めの占い

御守