詩情 四季

詩情、散文詩、現代詩
詩情、散文詩、現代詩

 

「四季」

 

夜中の四時だというのに、

霜は降りて来ず、

幾分、生ぬるい気候なものだから、

乾燥していた春先が恋しくなる。

恋と言う物は春で、

結婚と言う物は真夏なのだろうな。

時として、それらは四季があるように、

秋と冬がまた、

馴れ合いを新鮮にさせる。

日本は良い国だ。

占い鑑定 お客様の声 占いブロマガ

限定日記 著書一覧 投資占い日記

本当は紹介したくないお勧めの占い

御守

詩情 桟橋

詩情、散文詩、現代詩
詩情、散文詩、現代詩

 

「桟橋」

 

青い空が満遍なく行き届いた外界は、

只、やんわりと僕の目に留まり、

そして、歩き出すと、

向こうの方からきれいな海が見えた。

漁港は定置網の洗いを施しており、

その機械からは潮の香りが、

辺り中に漂ってた。

僕は足を止めて、

堤防からそっと下を眺めた。

今日はなぎっている。

桟橋て釣りを楽しむ人がまばらといた。

占い鑑定 お客様の声 占いブロマガ

限定日記 著書一覧 投資占い日記

本当は紹介したくないお勧めの占い

御守

詩情 初夏の夕べ

詩情、散文詩、現代詩
詩情、散文詩、現代詩

 

「初夏の夕べ」

 

初夏の夕べは落陽もなだらかで、

東の風から緑のかほりがわずかに残された。

明日頃から落ち着き直して筆を持てる。

そう考えている私は時期尚早だろうか?

明星は誰かの落とし物であるように、

この愛も誰かの拾い物。

まんべんなく過ぎ去りし声は、

今日も君の耳には届かなかった。

占い鑑定 お客様の声 占いブロマガ

限定日記 著書一覧 投資占い日記

本当は紹介したくないお勧めの占い

御守

詩情 僕は光の証をするために世に来た

詩情、散文詩、現代詩
詩情、散文詩、現代詩

 

「僕は光の証をするために世に来た」

 

季節が変わるころ、僕は夢を見ていた。

似たような沿線のずっとずっと奥の方。

季節が変わるころ、僕は夢を見ていた。

それはあたかも偶然のようにして運命だった。

季節が変わるころ、僕は夢を見ていた。

君がほほ笑む街かどは、いずれ誰かをさらっていくように。

僕が見えるかい?

ほら、そこらじゅうに溢れている涙の数だけ、

僕はいるんだ。

聞いてくれ、僕の話を。

今、世界中のどこかで絶望がさまよっている。

嗚呼、いとおしい人よ。

今日は傍にいてくれるかい?

僕は光の証をするために世に来た。

占い鑑定 お客様の声 占いブロマガ

限定日記 著書一覧 投資占い日記

本当は紹介したくないお勧めの占い

御守