小説 愛するということ 52

連載小説

会は、とても別世界に見えた。 東京、羽田空港には、これから世話になる社長の奥さんが迎えに来ていた。正樹は紹介してくれた長男のおじさんとその空港に着いた。 「健一さん、こっち、こっち!」 「ああ、こっちか」 二人は到着ロビ … 続きを読む

Enable Notifications OK No thanks