TAG

下地寛之

  • 2022年5月5日
  • 0件

自由詩 恋しさと孤独さと

滝川寛之の自由詩 *   恋しさと孤独さと 私は独りきり 晴れない心が滲み 這いつくばる 地獄からの声が届き 発狂した 想いは虹のようで 確かにあの街へ届く 君のほほえみが見えた時 二人は一つになる 劇的なる世界 私と君は光となり 朝を迎えた 手をつないで歩く白浜の ヤドカリの足音が心地よくて 青

>いつでもご相談くださいね

いつでもご相談くださいね

占いに関することなら私にお任せくださいね。もう大丈夫ですよ 著書もこちらにありますからね

CTR IMG
Enable Notifications OK No thanks