自由詩 朝風と共に舞いうる光と

自由詩
自由詩

滝川寛之の自由詩

*

 

朝風と共に舞いうる光と

金色たるや水平線より

野鳥の住処は森の雫として

刻々と時間が過ぎゆき

嗚呼

それでも私は詩人として

生きた証が朝露の

唯々想いし

あなたの愛を感じる

幻影とは漆黒の闇

しかし虹として輝くとき

未来は確かに結だから

恋々しさや

歩みて

私と君は唇を合わせる

舞風想愛

おすすめカテゴリ

小説群

詩集群

お勧めのカテゴリ一覧

コメントする