自由詩 四季彩から宿る言霊達の魂と

自由詩
自由詩

滝川寛之の自由詩

*

 

四季彩から宿る言霊達の魂と

徒然に想う導きと

空は果てしなく只々青くて

水平線の先に陽光が差込む

世界は虹色に染まりゆき

私は君だけと唇を合わせる

詩情は唄として

風が靡き

彼方へ舞う

二人として生き抜き

一頻りに

歩いてゆく

恋々しき鼓動

おすすめカテゴリ

小説群

詩集群

お勧めのカテゴリ一覧

コメントする