自由詩 恋の涼風が青色で

自由詩
自由詩

滝川寛之の自由詩

*

 

恋の涼風が青色で

緑の芝から蛙の鳴き声がする

木々に潜む野鳥たち

朝の目覚めと共に歌を唄う

光が差し込む部屋に

裸の君と私がキスを交わし

一つに溶けゆく世界があって

愛のすべてに酔いしれる

明日の風もまた心地よく

光もまたまぶしくて

二人で生きてゆくということ

ぬくもりと

優しさと

恋しき

無料連載カテゴリ

小説 愛するということ

小説 運タマギルー

自由詩 詩情

随筆 エッセイ

小説群

詩集群

ネットオフ「タダ本」

お勧めのカテゴリ一覧

すべての花嫁に花束を:銀座ダイヤモンドシライシ




コメントする