自由詩 ささやかなる流れと共に

自由詩
自由詩

滝川寛之の自由詩

*

 

ささやかなる流れと共に

恋の発色が漂うようで

僅かな香りと

僅かな望みと

明日はあるのかい?

訊くと

そうよと君は返す

笑顔のえくぼと長い黒髪

スカートが似合う君のことだから

明日の訪れはそうなのだろう

手をつなぎゆく浜辺の中で

接吻もまた恋色に

夜の星空が

冬の終わりを告げるよう

無料連載カテゴリ

小説 愛するということ

小説 運タマギルー

自由詩 詩情

随筆 エッセイ

小説群

詩集群

ネットオフ「タダ本」

お勧めのカテゴリ一覧

すべての花嫁に花束を:銀座ダイヤモンドシライシ




コメントする