詩情 星の振る舞いと月の明るさよ

詩情、散文詩、現代詩
詩情、散文詩、現代詩

*

 

星の振る舞いと月の明るさよ

夜道側の林から夜虫鳴く

砂利の上を歩いた

言葉を発する事もなくて

ひんやりとした地表を

素足のサンダルで感じる

オリオン座を目視で描き

それから君を想ふ

夏のワンピース

麦わら帽子

裸体の君は桃色で

甘い吐息を吐く

嗚呼、夏々

独りきりの夜道

明日は君と共に

愛想

占いと悩み相談 週間占い 占い相談記事

自己啓発 一押著書 詩情と俳句 婚活出会い

おみやげ ギフト 不倫恋愛夫婦 競馬占い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA