詩情 四季

詩情、散文詩、現代詩
詩情、散文詩、現代詩

 

「四季」

 

夜中の四時だというのに、

霜は降りて来ず、

幾分、生ぬるい気候なものだから、

乾燥していた春先が恋しくなる。

恋と言う物は春で、

結婚と言う物は真夏なのだろうな。

時として、それらは四季があるように、

秋と冬がまた、

馴れ合いを新鮮にさせる。

日本は良い国だ。

占い相談鑑定 週間占い 占い記事

限定日記 著書一覧 詩情と俳句

自己啓発 おみやげ ファッション

芸能人ご用達の開運ブレスレット
芸能人ご用達の開運ブレスレット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA