呪いと祟り 呪い 移す 方法

呪いと祟り
呪いと祟り

呪いを移す方法とはあるのだろうか

この題目についてね

昨日もお話ししたことなんだけども

少しおさらいとしてね

語っておこうかな

ユタや霊媒師、あるいはイタコなどですね

呪いを移す業もしている方が居てですね

もちろん

ユタなんかの場合でも

呪いを移せない方もいて

霊視しかできない人もいる

またね

呪いは移せないが本人自ら徐冷する方法を教える

といったユタもいます

でね

実例なんですけれども

私の身近なお話なんですが

昔ね

私の古い友達がですね

まあ今は友達ではないのですが

というか私は今友達一人もいないんですけど

苦笑

その方たちがね

お墓で飲み会をしていたらしくてですね

ほら

沖縄のお墓は大きくて広いでしょ

春の彼岸の時はね

墓の広場で食事をするくらいですね

沖縄の墓は大きいんですね

でね

その飲み会においてですね

一人だけ霊が突然とりついた方が居て

意識不明となりましてね

仲間内で騒ぎになったらしくて

その倒れ方が凄く辺でね

最初は形相を恐ろしくして皆を睨みつけていたらしいんです

でね

涎をたらして血に飢えたような感じになっていたらしいんです

そのごに意識を失っててね

これは間違いなく霊の仕業だということで

救急車ではなくて有名なユタに電話をかけたらしいんです

そしたらね

ユタがね

私たちはとても霊感が強すぎて

墓だとかの霊の集まる場所には行けないと返してきたらしくてですね

その代わりとして除霊の仕方を教えると

その方法がですね

一人ひとりが彼に話しかけて

俺はこういう善意をするから早く良くなって

という約束を交わすことなんです

その善意に関してね

社会に対しての行いなんですね

それでね

ユタの言いつけ通りにしたらですね

皆が約束を交わした直後に意識を取り戻してですね

あれ?皆何してるの?ってね

苦笑

その方は助かったんです

そういう実話があるんですね

ですから私が何度も昔から述べているけれども

一日一善とは決して無駄な行為ではないんです

たとえ偽善でもです

Is there a way to transfer the curse?

About this subject.

I told you about this yesterday.

Just a little recap.

Let me tell you something.

Utahs, mediums, or weasels…

There are people who transfer curses.

Of course.

Even in the case of

Some people can’t transfer a curse.

Some people can only see in the spirit.

Also.

I can’t transfer the curse, but I can teach you how to slow it down yourself.

There are also utahs who say

So…

I’d like to give you a real-life example.

Let me tell you a story that is close to my heart.

Once upon a time.

An old friend of mine

Well, we’re not friends now.

I mean, I don’t have any friends now.

LOL!

You know, those people.

I heard they had a drinking party at the grave.

See?

Okinawan graves are big and spacious, aren’t they?

On the spring equinox, you know.

We even have our meals in the grave plaza.

Okinawan tombs are big, aren’t they?

So…

At that drinking party.

There was one person who was suddenly possessed by a spirit.

He became unconscious.

I heard there was a commotion among my friends.

The way he collapsed… it was terrible.

At first he looked horrified and stared at everyone.

So…

He was drooling and bloodthirsty.

And then he lost consciousness.

I was told that this was definitely the work of a spirit.

Instead of calling an ambulance, he called a famous Utah

And you know what?

The Uta.

We’re very psychic.

He told me that he could not go to graves or other places where spirits gather.

Instead, he said, he would teach them how to get rid of spirits.

The method.

Each one of you talk to him.

I’ll do these good things for you, so get well soon.

The promise is to make a promise that you will do the same thing.

About that good will.

It’s an act for society.

And you know what?

If you do what Utah says…

Right after they all make their promises, they come to their senses.

Huh? What are you all doing? I’m like…

(Chuckles)

He survived.

So there are true stories like that.

So, as I have said many times before

A good deed a day is never a waste of time.

Even if it is hypocritical.

お勧めのカテゴリ一覧

怖いほど当たると大好評!

トッププロが認めた実力派占いを体感ください
四柱推命、占星術、霊視、サイキックを駆使した占い
週間占いもズバリ的中ラッシュで好評です

二星一心占い 週間占い

スピリチュアル 全メニュー 礼拝

無料占いアーカイブ無料メルマガ登録

滝川寛之における最新著書のおしらせ

2022/12/13に「愛するということシリーズ」にて文壇入り

愛するということ1(出版社版)

出版社からの著書一覧(アマゾン著者ページ)

自己販売の著書群

無料連載群

詩集 無料連載詩情

小説 運タマギルー(少年探偵団3)

送り先の住所は不要!新しいカタチのギフトサービス
今すぐ贈れるオンラインギフトは【ギフトパッド】

コメントする