ミステリー 地球の謎 妖怪について

ミステリー
ミステリー

妖怪とは実在するのかについて考察

この手のジャンルに関して

絵師などの現実離れした作品により

あまり現実味が湧かないと思うのだけれども

私の実体験としてですね

妖怪は本当に存在します

でね

私の実体験というのがですね

ある空き家が近所にあってですね

そこに仲間と行ったときに

何故か分からないけれども

子供の足跡が天井にいくつもあったんですね

泥足の後でしたね

でね

その時は何も気にしていなかったんですけどね

ある日ね

父親と口論になって

行くところが無くて

その空き家で一人で昼寝したことがあるんです

裏口に足を向けて仰向けで寝たんですね

そしてかなり熟睡してました

それでね

恐らく二時間後くらいかな

裏口でバーンと大きく音が鳴ったので

びっくりして上半身だけ起こしてそこを見たんです

そしたらね

もう一回バーンと裏口のドアが開閉してですね

そのあと何だか分からないんですが

お経のような声がエコー含みにあたりへ響いたんです

その中においてね金縛りにあってですね

その直後に裏口から手足が逆の小学生くらいの背丈の

仮面をかぶった妖怪が現れてですね

ぴょんぴょんと私の所へジャンプしてきてですね

金縛りがあった私の耳元のほうへ来たんです

でね

私は金縛りだから横を向くことが出来なくてですね

あっあっと叫びたいけど叫べない声を出したんです

でね

その妖怪もあたりに響いているお経なものを唱えてですね

流石に私は殺されると思ってですね

力の限り叫び声を出したんですね

そしたらようやく大声が出てですね

こんどは逆立ち幽霊のほうがびっくりしたみたいで

私の腹部をぴょんと飛び越えて天井へ飛んで消えたんです

私はさすがに恐怖を感じて

即効で立ち上がって脱出してですね

帰宅して

弟がいたから全てを話したんですね

でね

弟も行った事がある空き家でですね

天井に子供の足跡がいくつもあるのを目撃していてですね

それで信じてくれたんですが

今考えてみても

あれは幽霊というよりも完全に妖怪でしたね

ですからね

実体験として言いますが

やっぱり妖怪というものもいるんですよ

Discussion on whether specters are real or not.

Regarding this type of genre

by the unrealistic works of painters and others.

I don’t think it is very realistic.

As for my own experience…

Specters really do exist.

So…

My real-life experience is…

There was an abandoned house in the neighborhood.

When I went there with my friends

I don’t know why.

There were several footprints of children on the ceiling.

It was after mud feet.

So…

I didn’t pay any attention to it at the time.

One day…

I got into an argument with my father.

I had nowhere to go.

I once took a nap alone in that empty house.

You slept on your back with your feet facing the back door.

And I was sleeping pretty soundly.

And you know what?

Maybe two hours later.

I heard a loud bang at the back door.

I was so startled that I only woke up my upper body and looked there.

And then…

The back door opened and closed with a bang one more time.

After that, I don’t know what it was.

A voice like a sutra echoed through the air.

I was in the middle of it, and I was tied to the metal.

Immediately after that, an elementary-school-aged man with the arms and legs reversed came out the back door.

A masked specter appeared.

And then he jumped to me.

I was in a bind, and he came right to my ear.

So…

I’m in bondage, so I can’t turn my head to the side.

I wanted to scream, but I couldn’t.

So…

The specter was also chanting some kind of sutra that was echoing around the area.

I thought I was going to be killed.

You let out a scream with all your might.

Then, finally, the loudest voice came out.

This time, the ghost standing on its head seemed more startled.

It jumped over my abdomen, flew to the ceiling, and disappeared.

I was indeed terrified.

I immediately got up and escaped.

Go home.

My brother was there, so I told him everything.

So…

My brother’s been to an abandoned house.

He saw several footprints of a child on the ceiling.

And he believed me.

Now that I think about it.

That was not so much a ghost as a complete apparition.

That’s why.

I say this from firsthand experience.

There are, after all, monsters, you know.

お勧めのカテゴリ一覧

怖いほど当たると大好評!

トッププロが認めた実力派占いを体感ください

四柱推命、占星術、霊視、サイキックを駆使した占い

週間占いもズバリ的中ラッシュで好評です

二星一心占い 週間占い

送念ファイルを入手 スピリチュアルショップ

不倫 呪い 恋愛 メンタル

無料占いアーカイブ無料メルマガ登録

全メニュー 激安seo対策 投資日記

新規アフィリエイター募集中!全商品が高額報酬30%です!詳細はこちら

 

滝川寛之における最新著書のおしらせ

2022年 新しい著書が出ましたのでお知らせします

「滝川寛之の詩世界8」

「滝川寛之の詩世界7」

待望の最新詩集と小説になります

限定日記 小説一覧 詩集一覧

無料連載群

詩集 無料連載詩情

小説 運タマギルー(少年探偵団3)

新規アフィリエイター募集中!全商品が高額報酬30%です!詳細はこちら

コメントする