自由詩 温みのある陽光

著書

滝川寛之の自由詩 *   温みのある陽光 白の家 黄色いカーテン 朝刻にせせら鳴く 燕の群れがはにかみ 愛猫もまた笑顔で 遠くの水平線が時として ずだんだ海面たるや 酷く濁わすけれど 私は涙をこぼし 唯々明日を … 続きを読む

Enable Notifications OK No thanks