詩情 おもひで

詩情、散文詩、現代詩
詩情、散文詩、現代詩

 

「おもひで」

 

真夏だと言うのに、

爽やかな冷たい風が舞い込んできた。

僕はそれを深夜に感じることができた。

外は酷く鉄砲雨が降っている。

下の階から尻を突き出した軒先が、

ぱらぱらと強さを増してトタン屋根をたたいた。

音の見える光景色に耳を傾けると、

その色彩からいろいろなおもひでがよみがえる。

ふと、八ミリカメラのフィルムが止まった。

何故だろう?微動だにしない。

そのモノクロには、

確かに、君の姿が僕とともにあった。

占い鑑定 週間占い 占い記事

限定日記 著書一覧 詩情と俳句

自己啓発 おみやげ 本格出会い

ゼクシィ縁結びエージェント

詩情 わだかまりが嘘のよう

詩情、散文詩、現代詩
詩情、散文詩、現代詩

 

「わだかまりが嘘のよう」

 

わだかまりが嘘のように晴れた今朝は、

なんだか、君との新しい朝を思い出す。

激しくもみだらに、

濃厚に絡みついた裸体から噴き出す汗をそのままにして、

絶頂を迎えた丑三つ時。

そう、確かにあの時も、

手足は震えたものだった。

快晴とは無縁のように思われた人生だった。

だからこそ、空の青さに感動を覚えたね。

霜に濡れた雨音が、

トタン屋根の表面を毎日たたいていた。

それでも、

生きている限り、

自然と前へ進む。

たくましく生きた半生。

残りの半分は楽しませてもらうよ。

占い鑑定 週間占い 占い記事

限定日記 著書一覧 詩情と俳句

自己啓発 おみやげ 本格出会い

ゼクシィ縁結びエージェント

詩情 新しい必然

詩情、散文詩、現代詩
詩情、散文詩、現代詩

 

「新しい必然」

 

金色の太陽が丘から登った。 

只、ゆらゆらと遠近感を利かした大きな光は、 

その先々で生命の目覚めを見ている。 

朝が来た。 

それに矛盾した答えなど一つもなかった。 

眩しい陽光と対面したようにある海原は、 

上空の千切れ雲とともに、

夜風を払しょくしていた。

占い鑑定 週間占い 占い記事

限定日記 著書一覧 詩情と俳句

自己啓発 おみやげ 本格出会い

ゼクシィ縁結びエージェント

詩情 夏の散歩道

詩情、散文詩、現代詩
詩情、散文詩、現代詩

 

「夏の散歩道」

 

毎年決まってこの時期の散歩どころと言うのがあって、

今日は真夏の早朝散歩道を歩いた。

リゾートホテルのビーチそばにある海浜公園で、

早朝は人の影が見当たらないほどに穴場スポットと化す。

とても良い空気だった。

遊歩道の両翼には茂みがあって、

それらから緑のかほりがありったけ匂う。

岬の方から冷たい風が入り込み、

ウォーキング疲れを幾分だが癒した。

今日は凪っている。

潮が濁りを見せていなかったために、

海中は透き通り、

底に広がる白浜をも美しく見せつけた。

エメラルドグリーンのビーチのそばには、

シーカヤックが並んでいて、

まだ誰もいないビーチに存在感を見せつけていた。

二キロ先にある桟橋には、

ガラスボートが停泊しており、

久しく乗りたいなと、

ふと思った。

占い鑑定 週間占い 占い記事

限定日記 著書一覧 詩情と俳句

自己啓発 おみやげ 本格出会い

ゼクシィ縁結びエージェント