エッセイ @外的要因と犯罪の関係

@外的要因と犯罪の関係
外的要因は当然ながらあるとして、それを大前提として不幸話を進めると、ルーツをたどれば親元にたどり着くことは言うまでもないことなのだが、不幸続きという過程の中で、人生の中で、自ら自爆することも確かにあるわけでして。けれどもそれはたいていの場合、上げ足をとられての事件がもととなっている。つまりは自己責任論では通用しない話となってくるのだよ。だからこそ非常にいびつで取り扱いづらいテーマでもある。何を話してもクレームが届きかねないからだ。
私はこのエッセイでコラムを語ろうとしているわけではないけれども、けれども冒頭はそんな感じになってしまったね。それらを反省しつつ、もうすこしトーンダウンして話を進めようか。最近、テレビでこんなことが発せられた。”生まれながらの不良品”。なんだかなぁ……。そんなこといったら、赤ちゃん全員不良品ですよ。何もできない状態から生まれるのだから当然です。真っ白から始まるのですよ、人生というものはね。前世があるという大前提の下で発せられた言葉なのかどうかは知らないけれども、そんな一言で切り捨てごめんとは、幾ら何でもひどい話だと思う。まっちゃんのこと好きなんだけれども、いつも楽しくツイッターのタイムライン観てるけれども、(あの番組に関してのね)今回ばかりは失言中の失言だと思った。
だからといって犯罪者をかばう気にはなれないことも確かであって、それ相当の厳罰をしてもらわない事には誰も浮かばれない。厳罰を被ることでその人は犯罪者ではなくなるのだから、報いは受けたのだから、その先の人生、来世というものがあれば、来世で、まっとうに生きてほしいと思うし、フォローも必要になってくるだろう。それが社会というものです。社会はみんなのためにある。協力し合って生きているのですよ。助け合うことは必須課題です。なので切り捨てはいけません。死刑というものは必要ですけれども。

☆情報の転載転売禁止!
情報が第三者の目に触れることは法律違反になります。
シェアボタンや機関等における一部掲載なら構いません。
有料記事分は完全に一部掲載も認めません。
(第三者拡散一人一記事当たり1,000万円の損害賠償金)

滝川寛之の著書一覧
滝川寛之の著書(アマゾン公式)
公式ヒロキリスト一覧

献金はこちらより(入会から一か月おきに150円です)

富士通 デスクトップパソコン FMV ESPRIMO FHシリーズ
富士通 ノートパソコン FMV LIFEBOOK AHシリーズ

エッセイ @ときどき、ブログのほうで牧師としての説教を垂れるけれども。

@ときどき、ブログのほうで牧師としての説教を垂れるけれども。
私とてまだまだ未熟ものなのだが、いろんな経験を積んでいるだけに、それを活かすべく、礼拝と合わせて説教を述べたりしているというのは。ご存じのとおりだとおもう。礼拝というのは自身へ対してもよく行っており、万人へ向けたメッセージでない場合があるということも一つ付け足しておこうか。自分が教壇に立ち、説教を述べるというのは、本当に心が洗われるものがある。しごく気持ちの良い経験だ。
私は決して偉そうにしたいわけではない。誇ろうとしているわけではない。世の中には私の経験に対して先生と呼ぶものがいる。必要とされているのならば、そう思い、顔を出しているだけの話だ。目立ちたがり屋と立候補は違う。でもね、私は負けず嫌いでもあるけれども譲ることもしてきたのだよな。せっかく頂けるものは礼を言って頂戴しておいたほうが良い。頑張りますかな。
季節というものは酷なもので、秋と春の間に地獄が待っている。それをどうやりくりして快適に過ごすかというのが人生のテーマのようなものだろう。つまりは金がものをいうといえばそこまでなのだが、その金というものも人間性ができてないと得られるものでもないものだから、人は日々精進する。そこで一つ提案したいと考えているのだけれども、怠けるのと休憩は違うということを一つ考えてみてくれないか? 疲れたら休めばいいのですよ。死ぬほど我慢する必要はない。極力我慢して、それでだめなら休憩しちゃおうよ。そこから新しく見えてくるものもあるし、良い意味での転機というのも出現してくる。ただやみくもに精進してゆけばいいってものではないのだよな。とつくづく。
何故にそのようなことを話すのかというと、頑張りすぎてダメになった方々を沢山見てきたから。秋と春ばかりならそんなことになって無かったろうに。つくづくおもうことだ。誰だってピラミッドの上層にあこがれるでしょう? 最低辺の方なら、そりゃあ運も味方してくれないと無理なわけです。まあ、それらに関してまた機会があれば話そうかな。

☆情報の転載転売禁止!
情報が第三者の目に触れることは法律違反になります。
シェアボタンや機関等における一部掲載なら構いません。
有料記事分は完全に一部掲載も認めません。
(第三者拡散一人一記事当たり1,000万円の損害賠償金)

滝川寛之の著書一覧
滝川寛之の著書(アマゾン公式)
公式ヒロキリスト一覧

献金はこちらより(入会から一か月おきに150円です)

富士通 デスクトップパソコン FMV ESPRIMO FHシリーズ
富士通 ノートパソコン FMV LIFEBOOK AHシリーズ

エッセイ @不眠不休とは何ぞや?

@不眠不休とは何ぞや?
じつはいうと、ここ最近、質の良い睡眠がとれていない。寝るときはいつも気絶したようにして寝落ちしている。とにかく眠りが浅いのが特徴で、一時間に一回、目が覚めてしまう。そうなってくると再び眠りへつくのに時間を費やしてしまう。本当に充分睡眠をとるのに半日がかりなのだ。我ながら困った問題だな。
それとは反して執筆脳のほうは絶好調極まりないといったところか。いや、そうでもなかったな。かれこれ二週間ばかり休んでいるものだから、まだまだなまっている。筆力自体は落ちてはないのだけれども。
そういえば、ダイエット計画を始めて三日で白紙撤回になったという事実。いや、案件とでもいうべきか。とにかく腹が減ってしまうと執筆に集中できないのだ。それと余計に眠れなくなってしまう。まあ、これ以上太らなければ別に全然かまわないわけでして、無理せずスマートにマッチョデブでゆこうかな。
ここ最近、気温が上昇していっているけれども、私個人としては、もはや汗だくなのである。しっかり食事をとって、汗をたっぷりかいて、健康第一なのは良いのだけれども、いかんせん脳炎を起こすのではないのかというくらいに干からびてしまっている。それは少し大げさだけれども。けれども熱いのは勘弁してほしいのだよ。寒いのも嫌いだけれどもね。
毎年、春と秋だけあったらどんなに良かっただろうか? 真夏と真冬に思うことであるけれども、心寂しくなるところだけれども、恋しくなるばかりだけれども、まあ、四季を肌で感じる幸せってのも生きているうちですから。文句垂れずに頑張ってまいろうかなと。うまく付き合ってゆこうかなと。

☆情報の転載転売禁止!
情報が第三者の目に触れることは法律違反になります。
シェアボタンや機関等における一部掲載なら構いません。
有料記事分は完全に一部掲載も認めません。
(第三者拡散一人一記事当たり1,000万円の損害賠償金)

滝川寛之の著書一覧
滝川寛之の著書(アマゾン公式)
公式ヒロキリスト一覧

献金はこちらより(入会から一か月おきに150円です)

富士通 デスクトップパソコン FMV ESPRIMO FHシリーズ
富士通 ノートパソコン FMV LIFEBOOK AHシリーズ

エッセイ @風邪ひきさん風邪ひきさん

@風邪ひきさん風邪ひきさん
はて、ひさしぶりに風邪なるものを引いてしまってぶっ倒れている。というのもぶり返しなものだから余計につらいわけだ。本当に今回の風邪というやつは長引く。かれこれ一週間になるけれども、いまだに完治しない。厄介極まりないのである。まあ、ぶり返しについては猫ちゃんも含めて家族がいるのでね、みんなが一斉に治るならそんなことにならないのだけれども、掛かるもの治るのも順番ずつみたいなところがあるから仕方ないといえばそこまでなのだ。なものだから先に治ったものはマスクを着用するなりなんなりしなきゃならんのだろうけれども、これがまた面倒くさいときた。そうこうしているうちにぶり返すというわけ。また、禁煙補助商品のベープも何かしら関係しているのかもしれないなと今では考えており、ちょうど夏ということもあり窓を開けてから吸おうと、そういう話になっている。いや、なってなかったな。

そういえば、きのう奄美のほうが沖縄よりも先に梅雨入りしたと聞いた。そのことに関して、まあ、特別珍しいことでもないなと考えているけれども。去年もおととしもそんな感じだったからね。また、奄美は九州のほうの気象台だけれども沖縄のほうは沖縄気象台で異なる組織なものだから、その部署の違いというやつで狂いが生じるということも致し方がないことなのかもしれないなと感じている。
話は戻るけれども、どうも風邪をひいてからというもの睡眠の質がだいぶ悪くなっていることに気が付く。そういうことも含めて、やはり病中では筆は持てないなと痛感するわけだ。本当に健康第一だな。金があっても健康でなければ使い道がない。いや、治療代には充てられるけれども楽しみのほうによるね、まあ、そこらへんは言わなくてもわかるでしょう? 苦笑
ところで、自転車が壊れてからというもの、外出を控えていたのだが、さすがに引きこもっていると、いろいろと障害が出てくるものだ。たとえば心臓や肝臓などである。最近になって苦しくなりだしていたので、いよいよ近所で散歩をすることにした。あまり近所ではウォーキングをしたくないのだけれども、自転車が壊れて広場まで行けないので、致し方ない。それで今日も夜中にこっそり行ってきた。やはり気持ちが良いね。仕事の運動はストレスがたまるけれども、ウォーキングの疲れはそれとは別物だからね。爽快感があってよい。汗もかいて健康に戻った感じがしているところだ。飽きずに毎日続けましょうかな。
作家と心臓病、肝臓病は密接に関係しており、もはや職業病だといっていい。臓器を悪くしている作家は私だけではないはずだよ。皆、引きこもって執筆活動にあたるからね。また、発達障害の方が多い職業なので、精神薬による副作用で臓器を痛めたりする。太ったりする。意外と統合失調症の方は少ないのではないかな? あの病気は執筆がままならないと思うので。たいていの場合が発達障害の合併症でうつ病というのが多い職業である。だから自殺者も多いのだよね。変わった人も多いし。個性がある。

☆情報の転載転売禁止!
情報が第三者の目に触れることは法律違反になります。
シェアボタンや機関等における一部掲載なら構いません。
有料記事分は完全に一部掲載も認めません。
(第三者拡散一人一記事当たり1,000万円の損害賠償金)

滝川寛之の著書一覧
滝川寛之の著書(アマゾン公式)
公式ヒロキリスト一覧

献金はこちらより(入会から一か月おきに150円です)

富士通 デスクトップパソコン FMV ESPRIMO FHシリーズ
富士通 ノートパソコン FMV LIFEBOOK AHシリーズ