散文詩 @「新しい必然」

「新しい必然」

金色の太陽が丘から登った。

只、ゆらゆらと遠近感を利かした大きな光は、

その先々で生命の目覚めを見ている。

朝が来た。

それに矛盾した答えなど一つもなかった。

眩しい陽光と対面したようにある海原は、

上空の千切れ雲とともに、

夜風を払しょくしていた。

世界に1つだけのプレゼントなら!商品数3万点の「ギフトモール」

人気&有名店のラーメン・つけ麺をお取り寄せ 宅麺.com

コスメ、香水、ヘアケア、アロマの激安販売!ベルモ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA