日記帳 @年末のご挨拶

@年末のご挨拶

皆さんこんばんは、小説家で詩人の滝川寛之です。

年末のご挨拶と言っても、

年初からいろいろありまして、

それをひとくくりにして話すのも、

なんだかまとまりきらないものがあるわけですが、

まあ、新しい世界の始まりはそんなものだろうと、

はじまりの前はゴタゴタがあるものだと、

そう思うことにしております。

今年こそはと勢いづいて投稿した文学新人賞は見事に落選してしまい、

恨み節も込めて自身に馬鹿野郎と叱咤してみても仕方のない事でして、

賞との相性、

選考委員との相性、

なによりも下読みとの相性が悪かったのだと、

私の作品を、自身を、労わってやりました。

来年分の文学賞へは既に提出済みでして、

三作品をそれぞれ三社へ叩きつけたわけですが、

そのうちの一社は既に結果が出ておりまして、

応募券がらみで残念ながら一次落ちしてしまって、

消沈ならずとも、

心のどこかで落胆している次第です。

夢は捨ててしまえ!

と各界のご意見番がはっぱをかけるご時世ですが、

それでも私は夢をあきらめず来年も戦う所存です。

今後の滝川寛之にご期待ください。

今年も一年本当にありがとうございました。

来年、皆様にとりましても良い一年でありますように。

感謝します。

 

滝川寛之

世界に1つだけのプレゼントなら!商品数3万点の「ギフトモール」

人気&有名店のラーメン・つけ麺をお取り寄せ 宅麺.com

コスメ、香水、ヘアケア、アロマの激安販売!ベルモ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA