散文詩 @「おもひで」

「おもひで」

真夏だと言うのに、

爽やかな冷たい風が舞い込んできた。

僕はそれを深夜に感じることができた。

外は酷く鉄砲雨が降っている。

下の階から尻を突き出した軒先が、

ぱらぱらと強さを増してトタン屋根をたたいた。

音の見える光景色に耳を傾けると、

その色彩からいろいろなおもひでがよみがえる。

ふと、八ミリカメラのフィルムが止まった。

何故だろう?微動だにしない。

そのモノクロには、

確かに、君の姿が僕とともにあった。

世界に1つだけのプレゼントなら!商品数3万点の「ギフトモール」

人気&有名店のラーメン・つけ麺をお取り寄せ 宅麺.com

コスメ、香水、ヘアケア、アロマの激安販売!ベルモ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA