書評 @神津凛子「スイートマイホーム」

=小説家で詩人の滝川寛之による書評シリーズ=

書評 @神津凛子「スイートマイホーム」

本当ならば、この作品の書評を記するのは間違っているのかもしれない。私は何を知りたいのだろうか? この作品を読んだところで何を感じるのだろう? 実に様々な思いが交錯した。己に困惑した。

 私は第十三回小説現代長編新人賞を一次で落ちた。何故にどうしてなのか、よりによって一次で落とされてしまったのだ。じつはいうと、神津凛子「スイートマイホーム」は、その回の最優秀受賞作品なのである。

 選評の評価はよし。レビュアーの評価もよし。作者の美貌もすばらしい。こんな完璧なことが本当にあるのだろうか? 私は皮肉れているな。己に叱咤した。

 兎にも角にも読んでみなければ評価できない。私は受け取った最終ゲラの専用ファイルを恐る恐る開いた。もう後には引けない。万事は尽きてしまった。そうではなかった。

 瞬間、冒頭から溢れ出てくる筆力の強さに圧巻される。くそっ! 負けてたまるか! と、もがきにもがき苦しみ、一回目は流し読みでなんとか残りを読破した。

 少し休憩をはさみつつ二回目に入る。すると、なんということでしょう! 見えてきた見えてきた♪ その見えてきたことについては実際に手に取り読んでからのお楽しみということで内緒にしておきます。苦笑

 三回目。最終章を熟読する。巷で言われている”この作品はホラーだ!”というのは真っ赤なでたらめで、本当のところは”ホラーではなくて立派なサスペンス”だなと痛感。やはり他の書評はあてにならないものである。まあ、噂とはそんなものなのであるわけだ。

 トータル評価として定めてみようか。

 筆力=△(冒頭の筆力の強さは素晴らしい)

 ストーリー=◯(二重丸にしなかったのは伸びしろがあると言う意味で)

 まあ新人なので、良い評価のほうだと思う。私は本当のところ辛口なのだから。

 余談になるけれども、私が応募したのは以下の二作品である。熟読されたし。

 少年探偵団(https://amzn.to/2Blt7Xp

 原付バイクと風景画(https://amzn.to/2BlgXOf

 読めばわかりますけども、一次で落とされるような代物ではないのですよ。困ったなぁ。圧力と工作。文学界から出禁を食らっていることと併せて本当に参ってしまいます。

 さいごに、神津凛子さん。本当に表情が美しい人でして、よほど男性陣からモテるだろうなと。素晴らしい遺伝子なのだから、子孫繁栄願っています。それから「スイートマイホーム」についての追記として、サスペンスにしては、道中、物足らなさを感じたのは否めない。もう少しプロットが欲しかったかなとおもう。あと、この小説はシリーズ化できるので、(今回は長野県の物件だったけれども、日本中には他にも事故物件が存在するということで、シリーズ化できるということ)ぜひ、頑張ってみてください。こんかいは、第十三回小説現代長編新人賞の最優秀受賞本当におめでとうございます。文壇にていつか会えることを願っていますよ。

世界に1つだけのプレゼントなら!商品数3万点の「ギフトモール」

人気&有名店のラーメン・つけ麺をお取り寄せ 宅麺.com

コスメ、香水、ヘアケア、アロマの激安販売!ベルモ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA