エッセイ @風邪ひきさん風邪ひきさん

@風邪ひきさん風邪ひきさん
はて、ひさしぶりに風邪なるものを引いてしまってぶっ倒れている。というのもぶり返しなものだから余計につらいわけだ。本当に今回の風邪というやつは長引く。かれこれ一週間になるけれども、いまだに完治しない。厄介極まりないのである。まあ、ぶり返しについては猫ちゃんも含めて家族がいるのでね、みんなが一斉に治るならそんなことにならないのだけれども、掛かるもの治るのも順番ずつみたいなところがあるから仕方ないといえばそこまでなのだ。なものだから先に治ったものはマスクを着用するなりなんなりしなきゃならんのだろうけれども、これがまた面倒くさいときた。そうこうしているうちにぶり返すというわけ。また、禁煙補助商品のベープも何かしら関係しているのかもしれないなと今では考えており、ちょうど夏ということもあり窓を開けてから吸おうと、そういう話になっている。いや、なってなかったな。

そういえば、きのう奄美のほうが沖縄よりも先に梅雨入りしたと聞いた。そのことに関して、まあ、特別珍しいことでもないなと考えているけれども。去年もおととしもそんな感じだったからね。また、奄美は九州のほうの気象台だけれども沖縄のほうは沖縄気象台で異なる組織なものだから、その部署の違いというやつで狂いが生じるということも致し方がないことなのかもしれないなと感じている。
話は戻るけれども、どうも風邪をひいてからというもの睡眠の質がだいぶ悪くなっていることに気が付く。そういうことも含めて、やはり病中では筆は持てないなと痛感するわけだ。本当に健康第一だな。金があっても健康でなければ使い道がない。いや、治療代には充てられるけれども楽しみのほうによるね、まあ、そこらへんは言わなくてもわかるでしょう? 苦笑
ところで、自転車が壊れてからというもの、外出を控えていたのだが、さすがに引きこもっていると、いろいろと障害が出てくるものだ。たとえば心臓や肝臓などである。最近になって苦しくなりだしていたので、いよいよ近所で散歩をすることにした。あまり近所ではウォーキングをしたくないのだけれども、自転車が壊れて広場まで行けないので、致し方ない。それで今日も夜中にこっそり行ってきた。やはり気持ちが良いね。仕事の運動はストレスがたまるけれども、ウォーキングの疲れはそれとは別物だからね。爽快感があってよい。汗もかいて健康に戻った感じがしているところだ。飽きずに毎日続けましょうかな。
作家と心臓病、肝臓病は密接に関係しており、もはや職業病だといっていい。臓器を悪くしている作家は私だけではないはずだよ。皆、引きこもって執筆活動にあたるからね。また、発達障害の方が多い職業なので、精神薬による副作用で臓器を痛めたりする。太ったりする。意外と統合失調症の方は少ないのではないかな? あの病気は執筆がままならないと思うので。たいていの場合が発達障害の合併症でうつ病というのが多い職業である。だから自殺者も多いのだよね。変わった人も多いし。個性がある。

☆情報の転載転売禁止!
情報が第三者の目に触れることは法律違反になります。
シェアボタンや機関等における一部掲載なら構いません。
有料記事分は完全に一部掲載も認めません。
(第三者拡散一人一記事当たり1,000万円の損害賠償金)

滝川寛之の著書一覧
滝川寛之の著書(アマゾン公式)

献金はこちらより(入会から一か月おきに1,500円です)

富士通 デスクトップパソコン FMV ESPRIMO FHシリーズ
富士通 ノートパソコン FMV LIFEBOOK AHシリーズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA