連載小説 愛するということ 第二章 3

上村姉妹は親も違い年齢も五歳離れていたが、それらを感じさせる事が無い位に、当然の如く毎日とても仲が良かった。母の職業柄、周囲から気味悪がられていた為、地元の友達には恵まれていない。日曜は決まって部屋で読書や勉強する姉、知子。恵はその後ろで落書き風に絵を描いたりするのが常であった。晴れて気持ちの良い日は森へ出て妖精と共にくつろいだり花を摘んだりして楽しんだ。
倫子は、沖縄で「ユタ」と呼ばれる霊媒師の中でも特に権威のある立場で、依頼の電話が引切り無しに鳴るほどに、とても多忙な日々を過ごしていた。その為、強力な結界が張られた神社のような造りの大きな除霊所や母屋などに居る事がほとんど無く、特に最近では夜中にかけて一刻を争う緊急な除霊の為に外出を余儀なくされていた。それほどまでにこの島はユタの存在を昔から崇め頼りにして来た。食事や各建物の管理はいつも弟子や家政婦の仕事だった。この日の夜も料理の上手い家政婦の一人が姉妹の夕食を用意していた。彼女らには父親こそ居ないものの、家計はとても恵まれていたので、倫子は姉妹が欲しい物などあれば何でも買ってやり、食事に関してもなるべく贅沢なメニューにするよう家政婦に指示していた。彼女は自分の職業で姉妹が世間に対して肩身の狭い思いをしている事を知っていた。そして“ユタ”は、上村家の先祖代々から受け継がれた特殊な能力であり、自分の人生もまた同じ様なものだった。彼女達の寂しさは良く知っていた。知子を出産した際、“ユタ”と言う職を辞めようか迷った。しかし、この能力を放棄する事は出来なかった。何故なら、この能力は大人になればなるほどに、普通見えるべきではないとても恐ろしい物体が嫌でも余計に見えてくるからである。ガマの結界の件もある。やはりこの状況では普通の生活は送れない。倫子は“神から与えられた宿命”だと諦めるしかなかった。姉妹も何時かはそうなるであろうと言う事に関して、身ごもった時から確信を抱いている。二人の娘共に何度も堕胎しようか迷った。しかし出来なかった。結界等に関しては、自分が他界する前にでも弟子へ跡を継がせれば良い。が、しかし、彼女は身ごもった胎児を堕胎する事がどうしても出来なかった。恵が小学生に上がる頃、倫子は一人思った。やはり生んで良かった。しかし倫子はこの時、何か不幸の前兆なる“静かで音の無い西風”を心の何処かに受けているのを感じて居た。倫子はこの日の朝も母屋の一室にある仏壇で御経を唱えながら彼女らの無事を念じていた。不吉な何かはとても近くに居る。

滝川寛之の著書一覧
滝川寛之の著書(アマゾン公式)
公式ヒロキリスト一覧

富士通 デスクトップパソコン FMV ESPRIMO FHシリーズ
富士通 ノートパソコン FMV LIFEBOOK AHシリーズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA